1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

秋色マロンや四角いのもイイね♪手土産に喜ばれる『バウムクーヘン』❽選

バウムクーヘンの精密につくられた年輪の形状は作成した職人の技術の高さを象徴するものである

更新日: 2017年11月03日

jetwskyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
42 お気に入り 22177 view
お気に入り追加

バウムクーヘンは第一次世界大戦後、中国大陸から戦争捕虜として日本に抑留されたドイツ人菓子職人カール・ユーハイムによって日本に伝えられました。
カール・ユーハイムは広島市物産陳列館(後の原爆ドーム)で行われたドイツ人捕虜の作品展示即売会で、仲間に促されてバウムクーヘンを焼きました。

バウムクーヘンの精密につくられた年輪の形状は作成した職人の技術の高さを象徴するものである

”手土産映え”するバウムクーヘンをご紹介。全部食べてみたくなります♪

■『小山流バウムクーヘン 秋色マロンのバウムクーヘン』■

鬼皮ごと蒸した栗をスプーンですくって生地に練り込んでいて自然な栗の風味がたっぷり楽しめます。

表面のシャリシャリ食感のアイシングの甘味に渋皮の苦味や皮の繊維をも含んだコヤマのマロン生地とのマリアージュが最高に美味しいです♩

一度食べたら忘れられなくなってしまった秋限定のマロンのバウムクーヘンが再び登場。たっぷりの栗が練り込まれたバウムクーヘンは、しっとりしてやさしい口どけ。ナチュラルな栗の甘みと豊かな風味にうっとり。手土産にするとすごく喜ばれそう!

■『ルジャンドル』■

「ルジャンドル」の顔ともいえるバウムクーヘン。しっとり柔らかな「以心伝心ソフトバウム」や、しっかり重厚、ザクザク食感の「以心伝心ハードバウム」など数々の名作を生み出してきました。そこへチーズケーキをまるごと入れちゃったのが、「焼きチーズバウム」。ハードバウム×ベイクドチーズケーキの濃厚コラボレーションが絶妙!
何層にも重なったバウムの食感とチーズのコク、両方が楽しめる贅沢スイーツです。

まるで切り株! ルジャンドルのバウムクーヘンとチーズケーキのが組み合わさった「タイズバウム」 ⇒ippin.gnavi.co.jp/article-2943/ pic.twitter.com/1968HTdzsT

美味しいバームクーヘンGetヾ(*´∀`*)ノバームクーヘンにあるまじきふっっわふわ感で、焼き菓子なのにエンドレスで食べれちゃう美味しさ(๑´ڡ`๑)ルジャンドルの以心伝心バウム、いただきます! pic.twitter.com/06n86EIRnr

■『クラブハリエ』■

@genhoshino525 ハリエのバウムクーヘンめちゃおすすめ♪ぜひ食べてみて♡

名古屋出張(日帰り)に行ってたライスがハリエのバウムクーヘン買ってきてくれたよキャー!だからこんな時間から食ろうてやるよギャー! pic.twitter.com/K8seiCIO2x

と、いうわけで土曜日の手土産買うついでに久々ハリエのバウムクーヘン〜(≧∇≦) pic.twitter.com/IuoLwukpIA

1 2 3





日頃のちょっと気になったこと、目についたオモシロイ事をまとめています。読んでくれた方がほっこり、そして後味がいいと思って貰えればうれしいです。