1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

m.strong.9さん

老け顔に見える目の下のくぼみ。

目の下のたるみ、くぼみは
加齢に伴って増えやすくなります。

目の下にくぼみがあると、その部分に影ができてしまうので、疲れた印象を与えてしまうだけでなく、老けて見られがちです。

反対に目の下がふっくらとしていると若く見えます。

目のまわりが落ちくぼむと、そこに「へこみ」ができます。

出典https://目の下のたるみ解消法.com/category3/entry26.html

そのへこみが「影」に見えるせいで、相手に疲れた印象を与えたり、実際の年齢より上に見られる老け顔をつくってしまいます。

▼目の下のくぼみができる原因は?

目元は皮膚が薄く、デリケートなので
シワやたるみができやすく
エイジングサインが出やすいのが特徴です。

一番大きな理由として挙げられるのが、加齢による「筋肉の衰え」があります。

出典https://目の下のたるみ解消法.com/category3/entry26.html

目の周りを支えている筋肉が年齢とともに弱まることで、くぼみを目立たせてしまいます。

目もとの皮膚は、「体中で一番薄い」

その厚さは、頬の皮膚の1/3以下。0.8mmしかないのだ。1mmもない。

目の下のたるみの原因は、皮膚の真皮の中にあるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどの減少が原因だといわれています。

お肌の表皮はコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどによってハリや弾力を保っているのですが、それが加齢とともに失われてき、ハリや弾力が失われ、たるみやしわに繋がるんですね。

また、表情筋の衰えも目の下のたるみやクマ、影の原因のひとつ。

眼輪筋と呼ばれる筋肉が衰える事で、脂肪支える事ができなくなり、脂肪が表面に押し出され、目の下にふくらみができます。

目の下のくぼみは自分で解消できる!

▼目の下のたるみをとる方法5つ

1.目元を温める

1.目を閉じて、まぶたの上にそれを30秒程置いてください。

2.30秒経ったら、今度は「冷水タオル」で30秒間、同じようにまぶたの上に置きましょう。

3.これを、繰り返し3~5クールくらいの目安で行ってください

※蒸しタオルは500Wで1分くらいを目安に温めてください。

目の下のたるみを解消するのに「温める」ということが効果的である理由は、目の周りの血行を促進することができるためです。

出典https://目の下のたるみ解消法.com/category2/entry32.html

目の周りの皮膚や筋肉が緩んで血行が良くなり、目の下のたるみやクマが目立たなくなります。

2.ツボ押しマッサージ

1.目頭に人差し指の腹を当てます。

2.目尻の斜め下の骨のくぼみにある「球後(きゅうご)」というツボを通って、目尻に向かい軽くはじくように押します。

3.1~2を5回くらいくり返します。


※他のツボも同様に押します。

ツボ押しマッサージでこり固まった眼輪筋をほぐすことができるので、目の周りの血流を良くするのにとても効果的なのです。

出典http://bi-press.com/目の下のくぼみ-マッサージ-改善/

ツボを押して刺激を与えることで気の流れを整え、老廃物の排出を促します。

3.しっかり保湿をする

1.顔全体に化粧水を付ける

2.コットンに化粧水を含ませ、目の上に貼り付ける

3.3~5分程度、そのままの状態にしておく

4.コットンを外し、顔全体に乳液や美容液を付ける

化粧水を付ける時、目元はコットンを使ってしっかりと保湿をしてあげましょう。

目元はしっかりと保湿されるだけでも、ふっくらとしてくるので毎日のケアに取り入れると目のくぼみは改善してきます。

4.眼輪筋を鍛える

1、舌を軽く出し、上下の歯で舌を軽く噛む。

2、下のまぶただけで目を閉じるように下まぶたに力を入れる。

※舌を軽く噛む理由は、顔の下半分の力を抜いて、目の下に集中させるため。

頬の力を使わず、できるだけ下まつ毛が生えているすぐ下あたりを引き上げるようにしましょう。

まぶしい目をすると、少し下まぶたが動くのが分かると思います。これを繰り返していると、下まぶたを引き上げるコツが身に付きます。

5.アイクリームを塗る

目のくぼみに効果的なアイクリームは
まず保湿力が高いということが条件の1つ。

潤いを与えることはもちろん大切ですが、さらにハリや弾力をアップさせる効果が高いアイクリームであることが重要です。

出典http://bi-press.com/目の下のくぼみ-アイクリーム/

アイクリームをなじませた後、ツボ押しマッサージをするとハリアップ効果が一層高まります。

目の下のくぼみを解消し、老け顔を脱出♡

オフィスや自宅で簡単にできるツボ押しから
毎日のお風呂上がりのケアで
すっきりとした目元をキープしましょう。

1