1. まとめトップ

実はすごい!? コーヒーの効果・効能

コーヒーには私たちの身体に良い影響をもたらしてくれる作用がいっぱいあります。コーヒーを飲んであなたもその成果を得てみませんか?

更新日: 2017年11月04日

karupinnさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
5 お気に入り 2411 view
お気に入り追加

私たちが普段飲んでいるコーヒーには私たちの身体に多くの良い影響をもたらしてくれます。

1 ダイエットに効果的!?

コーヒーに含まれるもう1つのダイエット成分がクロロゲン酸。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、脂肪分解と脂肪蓄積抑制効果を持ちます。そのため、カフェインとクロロゲン酸のW効果により、食事から摂取した脂肪が体に溜まりにくくなり、脂肪の燃焼が促進されるのです。

カフェインには脂肪の燃焼を促進する働きがあると言われており、運動前に摂ると効果的だと言われています。

2 アンチエイジング

コーヒーに含まれるポリフェノールの1種であるクロロゲン酸の抗酸化作用が、コーヒーの美肌やエイジングケアの効果、健康やアンチエイジングの効果の主役です。
コーヒーを適度に飲むことで、シミの予防やくすみのない透明感のあるお肌をキープすることが期待できます。また、むくみやお肌の老化予防が期待できます。

クロロゲン酸には殺菌作用もあるので、肌荒れなどのトラブル改善にも役立ちます。また、コーヒーの利尿作用によって老廃物排出が行われるので、むくみをおさえたり、小顔への効果も期待できそうです。

3 リラックス効果をもたらす

対象者は若い20代の女性10人で、ブラジルサントス、グアテマラ、ブルーマウンテン、モカマタリ、マンデリン、ハワイコナの6種類のコーヒー豆を用いて実験しました。その結果、コーヒーの香りを嗅いだ際に最も多く脳からα波が出ることが分かり、コーヒーのリラックス効果が科学的に証明されました。

コーヒーのリラックス効果は香りだけでがありません。コーヒーに含まれているカフェインにもリラックス効果があることが知られています。中村大学栄養科学科の青峰正裕教授らは実験用のネズミを使ってこれを証明しました。

4 脳を活性化させる!?

コーヒーは仕事や勉強の効率を高めるとされて多くのビジネスパーソンに愛飲されていますが、その科学的な裏づけがなされつつあるわけです。また、カフェインが脳を活性化して、高齢者の行動力低下を予防するという大規模な調査結果もあります。

フェルラ酸、コーヒー酸、クロロゲン酸など多種類の抗酸化物質が含まれています。
とくにクロロゲン酸には脳の記憶と意志決定に深く関わる
前頭葉のダメージを修復し、注意力を高める効果があります。

またその香りは脳内のストレスを低下させる遺伝子を
活性化させるそうです。
他にもトリゴネリンと言う成分は人間の脳神経細胞の
神経突起を伸ばす働きがある事が分かっています。
神経突起と言うのは脳細胞から脳細胞へと情報を
伝える重要な役割を果たす部分で、この作用により
アルツハイマー病や認知症の予防になったり、
記憶力を高める効果が期待されています。

5 肝臓に良い影響をもたらす

日常的にコーヒーを飲むことで肝組織が受ける損傷が減り、お茶とコーヒーの両方を飲むことで、肝臓が硬変する可能性が低下すると見られているという。さらに、摂取量が少ない場合も、これらの効果は確認されている。

アメリカでは「コーヒーを飲むと肝障害の人でも改善効果がある」、イタリアでは「コーヒーは肝硬変を予防する」というものだ。
 その後、国立がんセンターが「コーヒーを多く飲む人ほど肝がんを予防する」というデータを発表。また、2013年10月に発表されたばかりの最新のメタ解析では「コーヒーを1日に3杯飲むと肝細胞がんのリスクが半分になる」という結果も得られているという。

6 二日酔い防止に役立つ!?

二日酔いの頭痛の原因は体内で分解し切れなかったアルコールがアセトアルデヒドを発生させ、血液が酸素を取り入れようとする結果、血管が拡張し、神経を刺激することです。
コーヒーに含まれるカフェインには血管を収縮する効果があるため、二日酔い独特の頭痛をやわらげる効果がある、ということです。
また、コーヒーには利尿作用があるため、何度もトイレに行っているうちに体内の毒素を追い出すことにつながります。

コーヒーと酒量、血圧の関係について調査したところ、1日3杯以上のコーヒーの飲用は、飲酒者において高血圧を改善することが明らかになりました。コーヒーの効果は飲用1週間後から表れ、コーヒー飲用を中止すると血圧が上昇する傾向があるという結果が出ています。

7 うつ病の予防に最適!?

韓国の全南大学校医学部の研究グループによると、週1杯未満の摂取を基準としたうつ病発症の危険度を計算した結果、週に1~6杯では1割弱の減少、1日1杯では約4割の減少、1日2杯では約3割の減少、1日3回以上では約4割の減少となったという。

・ハーバード公衆衛生大学院の研究チームによると、1日に2~4杯のコーヒーの摂取は、成人の自殺の危険性を約50%減らす作用があり、その原因はセロトニン、ドーパミンおよびノルアドレナリンのような神経伝達物質を分泌させる作用がコーヒーにはあるとの事。

8 消化を促進させる!?

1 2





karupinnさん

気になったこと何でもまとめていきます。