1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●女子プロレス界のレジェンド“飛翔天女”豊田真奈美さん

・退団してからは、フリーとして、数々の団体に参戦

OZアカデミーなどを主戦場とし、レジェンド選手の1人として、若手たちの壁にもなっていた。

●その豊田真奈美選手が引退試合を開催

“飛翔天女”と呼ばれて一時代を築いた豊田真奈美(46)が引退試合を“50人掛け”で行い、

活躍し続けた豊田だが、キャリアがキャリアだけに満身創痍。肩、首の痛みが限界に達し、30周年記念興行での引退を決意したという。

最後の試合は、なんと「50人がけ」に決まった。豊田と縁の深い選手約50人(男子も含む)が次々と登場し、短く時間を区切りながら対戦していくもの。

・第1試合で尾崎魔弓選手率いる正危軍と対戦

第1試合で尾崎魔弓(49)率いる正危軍と3分1本勝負を戦いリングアウト負けを喫すると、ここから47試合1分1本勝負で男子レスラーも含めた相手と戦った。

・ジャガー横田さんやブル中野さんらも登場!

38試合目のブル中野との対戦では、中野のヌンチャク攻撃を耐え、丸め込んで勝利。

・最後の相手を務めたのは、アイスリボン・藤本つかさ選手

最後の相手を務めたのは後継者に指名しているアイスリボンの藤本つかさ(34)。

時間無制限1本勝負で行われ、7分6秒、必殺のジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドで沈めて有終の美…かに思われたが、豊田の「もう1試合!」の声で試合再開。

これも豊田がジャパニーズ・オーシャン・クインビーボムで勝利したが、さらにもう1試合行われ、最後は自ら藤本に伝授したジャパニーズ・オーシャン・サイクロン・スープレックス・ホールドに散った。

最後まで強い豊田さん。明日からいない。でも、豊田真奈美というレスラーの存在事実が女子プロレスの未来に繋がるんだ。悔しい思いも嬉しい思いもいっぱい教えて下さり、ありがとうございました。藤本つかさのサイクロン極めていきます。そして豊田… twitter.com/i/web/status/9…

1 2 3