1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

ひふみんこと将棋の加藤一二三九段が手術を受けたことがわかった

「ひふみん」こと将棋の加藤一二三九段(77)が胆石性急性胆嚢炎で手術を受けたことが2日、明らかになった。所属事務所が発表した。

痛みを訴えたのは今月の1日とのこと

2日になって都内の病院で診察を受けたところ、胆石性急性胆のう炎と診断された。

「できる限り早い段階での手術が必要」との医師の判断で、手術となり、無事終了した。

胆石性急性胆嚢炎とは

胆のう炎は炎症を起こしている状態をいいます。胆石や細きんなどが原因となっています。急性のものや慢性のもの、結石などがない無石のものから気腫性のものまで様々です。

症状は右のお腹の上部に激痛を覚えたり、痛みが右肩に散ったりします。吐き気、嘔吐を伴うことも少なくなく、発熱が見られる場合もありますが、高齢者の場合は発熱はあまりありません。

原因は過労によるものとのことです

国民的な人気者で、10月29日には、今年6月に客員教授に就任したばかりの仙台白百合女子大で初仕事となるトークショーをこなし同日はその後、同市内の東北大で、脳科学者の茂木健一郎氏とのトークショー。

そのまま翌日のテレビ収録に備えて静岡県熱海市に移動するなど、忙しい毎日だった。

今年6月の引退後、テレビ番組などメディアへの登場を続けた。取材なども、忙しい合間に時間を調整して応じていた。「仕事があるのはありがたいこと。体が動く限りは働きますよ」と話していた。

日本将棋連盟棋士会会長の中村修九段(54)は、「引退後は将棋のイベントに何でも出てくれたり、日本中を駆け巡っている印象があった。元気に見えて体力もありそうですが、さすがに忙しすぎたのではないでしょうか」と心配した。

ひふみんのコメントでは

加藤九段は「お医者様の判断のもと、大事をとって一週間ほど術後の休養をとらせていただきます。

また元気に皆様にお目にかかれる日を心待ちにして、療養に励んで参ります」とコメントを寄せた。

ネット上ではひふみんを心配をする声があがっています

@kamiumach @hifumikato ひふみん御高齢にもかかわらず、ブレークしてTVに引っ張りだこで体調大丈夫かしら?と思っていたので心配しました。 回復を祈ってます。

私は夫よりひふみんの心配をしています。働きすぎはダメよひふみん。

1 2