経済効果は62億円…!?「清宮フィーバー」がすごすぎる

日本ハムが交渉権を引き当てた、清宮幸太郎選手。早くも、あの大谷翔平が驚くほどのフィーバーが起きているようです。

更新日: 2017年11月04日

8 お気に入り 28958 view
お気に入り追加

18歳にして、ハンパない注目度…

「ベーブ・ルースってあんな感じだったのかな、なんて思った。(大谷)翔平とも全然違う。すごくいい子。本質的に純粋なものを持ちながら、変な方向にいかない。幸太郎はみんなに愛されるよね」

日本ハムのお膝元「北海道」では

札幌市の秋元克広市長も「市民、道民の財産であるファイターズの一員としての大活躍を心待ちにしている」

日本ハム2軍のホーム、千葉では

執務中ではあったが、ドラフト会議は鎌ケ谷市にとって一大事。木田優夫GM補佐が当たりくじを引くと思わず「ヨシッ!」

店主の新川さんは「売り上げの半分は清宮くんチャーハン。ありがたいです」とうれしい悲鳴

(斎藤の)“ハンカチフィーバー”は経済効果にしたら数億円規模だった。清宮君には超えてもらいたい

さらに日本ハムの「キャンプ地」まで

「(清宮入団による)経済効果は相当なものだと思います。大谷君のときも大変でしたから」

同村役場の神山・企画商工観光課長のコメント

1 2

NAVERまとめ編集部の公式アカウントです。
旬のおすすめ情報などを提供しています。