1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼整形タレントとして知られるヴァニラ 2013年までに整形費用は総額2,000万円以上

ヴァニラ(生年月日不詳)は、日本のタレント。モデル。ハイブリッドバンク所属。広島県出身。大阪府大阪市在住。兵庫県立明石南高等学校卒業。

2013年にTBSのバラエティ番組『私の何がイケないの?』に出演し、「フランス人形のような体になりたい」と、美容整形に通う「整形サイボーグ」としてたびたび取り上げられ話題となった。

18歳で二重の手術を受けたのを皮切りに、2013年までに総額2,000万円以上、計30回を超える整形を繰り返してきていることを自身の著書やテレビで語っている。

▼“整形モンスター”ヴァニラが3日放送のフジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」に出演 整形費用は1億円を超えた

整形手術に1億円をかけ、“整形モンスター”の異名を持つタレント・ヴァニラが3日放送のフジテレビ系「金曜プレミアム キテレツ人生!第6弾」(金曜・後7時57分)に出演。

目、鼻、口、胸など上半身のほとんどを整形。手術回数100回以上でメンテナンスを含めた費用は1億円というヴァニラの目標は「フランス人形」。

今だ理想の外見には「5%くらいしか行っていない」と言う。

▼1億円をかけた整形手術 これが同一人物

▼整形のメンテナンスのため、月に1回40本も脂肪を分解する注射を打つ 月の費用は300万円 不自由な生活も強いられる

整形のメンテナンスのため、月に1回40本の脂肪を分解する注射を打つ姿も公開。月の費用は300万円。

「おでこの手術をしてから、頭痛がひどくなって、激しい運動や長いお風呂もダメ。いつ頭痛が起きるか分からないから薬も手放せない。顔を洗う時もゴシゴシ洗えない。鼻とか曲がっちゃうかも知れないし…。子供は好きだけど、顔にぶつかられると怖いから近づけないし、(豊胸した)胸が邪魔でうつぶせに寝られない」という過度の整形がもたらした不自由な生活ぶりを明かした。

▼中学時代に既に整形手術を決意 整形して人生が変わったときっぱり語る

「父を憎みました」というヴァニラが祖母の家で出会ったのが、フランス人形。「こういうかわいい存在になればいいんだ」と中学生で整形手術を受けることを決意。

18歳の時、アルバイトで貯めた7万円で目を二重に。その後、100回以上の手術を繰り返したヴァニラは「人生変わりました。前向きになって、人生、見える世界が変わりました」ときっぱり。

▼1億円もかけても理想の外見には「5%くらいしか行っていない」 なぜ1億円もかけて人生を整形にささげるのか?

彼女の根源には、小学校で壮絶なイジメを体験した過去があったからだ。「同級生からは『ブスブス』と連呼され、笑うこともなかったから『鉄仮面』というあだ名をつけられていました。親に相談したら、『ブサイクだから仕方ないでしょ。じゃあ整形したら?』って。それからはとにかく自分を変えたい一心で、整形し続けてきたんです」

▼暴言を放った父は覚えていなかった 「もう大きい手術は止めて欲しい。年とってからはリスクも伴うし…」と気遣いも見せた

番組の最後には実家のある大阪で暴言を放った父と“対決”。「おまえはブサイクだから仕方ないだろうと言われて、ずっと心に傷が残っている。なんで、そんなこと言ったの?」と聞くヴァニラに父は「記憶をたどっても言った覚えがない。(相談を受けたことも)記憶がない」と答えた。

 「やった方は覚えてないと言うもんね。言われた方は傷ついているんだよ」と言うヴァニラに父は「かわいくないなんて一度も思ったことない。写真もいっぱい取っておいてあるよ」と明かし、「もう大きい手術は止めて欲しい。年とってからはリスクも伴うし…」と願っていた。

1 2