1. まとめトップ
  2. 雑学

すっかり見かけなくなった「2000円札」ってどーなったの?

2000年に開催された九州・沖縄サミットに合わせて発行された二千円札。発行当初は日本全国でボチボチ流通していましたが、ここ数年ではすっかり見かける機会もなくなってしまいました。大量に発行された二千円札は現在、どこにあるのでしょうか?

更新日: 2017年11月05日

ppp_comさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
27 お気に入り 94828 view
お気に入り追加

■かつて、日本には「2000円札」と言う紙幣がありました

お札といったら、千円札、五千円札、一万円札が一般的ですが、かつて二千円札というものが発行されていました

■しかし、ここ数年ですっかり見かけなくなりました

久しぶりの新紙幣ということで注目され、流通枚数は、2004年夏には5億枚強まで脹らんだが、その後、急減

千円と五千円の間に位置することで、便利になるだろうと考えられたのですが、残念なことに最近は全く見る機会がありません

一部のコンビニエンスストアでは、ATM内に設置する枚数を抑えられるといった理由でよく収容されていたが、09年ごろよりほとんどが2千円札を扱わない新型ATMに転換された

■今では"ニセ札"扱いされてしまうことも…

コンビニで買い物してお釣りもらったら偽札だったんですけど二千円札とか書いてあるし pic.twitter.com/Gji4XHk6qV

なんかスイカチャージしたら偽札でてきた 2000円札とかネタすぎる pic.twitter.com/J0yzYdpWza

夕方に買い物してて千円札を財布から出そうとしたら、なんか見覚えのない走り書きのあるお札があって「えっ、何これ悪戯⁉︎ 偽札⁉︎」と思ったら二千円札だった。 どこで…どこで押しつけられた…。 pic.twitter.com/H92DBhaQa3

■普及しなかったその理由は、不便さ?

理由としては、ズバリ「使い勝手が悪い」ということが言われています

ATM・自販機などの対応が遅れたこともあって、二千円紙幣が流通・常用される機運は高まらず、一般に浸透していない

生活に定着していないせいか、案外使えない場所も多くて不便だった

■しかし、なぜか沖縄県では未だに2000円札が普通に流通しているらしい

沖縄県在住者には「二千円札が今は珍しいと聞いて驚いた」という人もいる

■なぜ沖縄では2000円札が流通しているのか?

沖縄では数年前まで、『めんそーれ沖縄県民運動推進協議会』という団体が、『県民1人に二千円札を3枚持ってもらおう』という呼びかけを行っていました

■沖縄に行った際には、ぜひ気にしてみてください

1 2





(´・ω・`)気になった事をまとめていきます
(´・ω・`)よろしくおねがいします