1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「需要ある?」あの芸能人たちのコメントが自虐的すぎる件w

川谷絵音さんからファンキー加藤さんまで…あの人たちが自虐しまくりw

更新日: 2017年11月05日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
9 お気に入り 58203 view
お気に入り追加

▼川谷絵音は「色あせないですね」とあの不倫騒動についてコメントw

新曲のミュージックビデオで因縁の相手『週刊文春』とコラボするなど表舞台に帰ってきたこと

川谷絵音(28)がボーカルを務めるバンド、ゲスの極み乙女。が4日、大阪市内で行われた「KOYABU SONIC 2017」に初出演した。

川谷絵音(28)は自ら、2016年初頭のタレント・ベッキー(33)との不倫騒動について語り、「元気にやってます」とアピールした。

「(スタッフらが)僕を天然記念物のような目で見る。『ウワサの本人だ』と。(騒動の発端から)2年たってますけど、色あせないですね」と自虐的に笑った。

▼高校生役を演じた門脇麦は「老け込み方がすごい…」と自虐w

2014年の映画『愛の渦』、2015年の連続テレビ小説『まれ』、2016年のNetflix版『火花』と主演かどうかを問わず、存在感を強く残す

門脇麦(25)が4日、都内で、ベルギー、フランス、カナダ合作の映画「KOKORO」の初日舞台あいさつを行った。

主人公のフランス人女性・アリスが出会う好奇心旺盛な女子高生のヒロミ役を、英語で演じた門脇さん

司会者から「10年くらい前に撮ったみたい」と女子高生役の違和感のなさを褒められると「老け込み方がすごい…」と自虐して、笑いを誘った。

▼広瀬アリスは自身が演じた役柄に「ヒドイな」と本音がw

アリスはなにかと妹と比べられがちですが、彼女も今年に入ってドラマや映画に引っ張りだこです。

広瀬アリスが29日、都内で開催中の『第30回東京国際映画祭』特別招待作品『巫女っちゃけん。』舞台あいさつに登壇。

完成した作品を改めて見た広瀬は、演じたしらすについて「本当にガサツですよね。ヒドイなと思って見てました」と苦笑い。

「実はこの役は、オーディションで台本をいただいたときにすごく『自分に合ってる!』と思いました。いろいろと自由にやらせてもらったのにOKをいただいて、『大丈夫かな?』と心配な気持ちで本編を観ましたが、一言で言うと“ガサツ”でしたね(笑)」と自虐的にコメント。

▼カレンダーを発売するファンキー加藤は、「需要ある?」とまさかの自虐コメントw

1 2