1. まとめトップ

【浅草観光】浅草のお寺5選

浅草にはいろいろな観光スポットがあります。その中からお寺だけをピックアップしてみました。

更新日: 2017年11月09日

0 お気に入り 2397 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

rouge_cocoさん

浅草寺

628年に創建された都内最古の寺院。現世利益の「浅草観音」として多くの人から信仰され、国内外から年間約3000万人もの参拝者が訪れます。江戸文化発展の中心地でもあり、現在も周辺にその面影を残し、季節ごとにほおずき市、羽子板市など多くの行事が行われています。雷門に架かる大提灯は全国的に有名です

浅草に今日は行ったんだけど友人が浅草寺のおみくじの洗練を受けてたw

待乳山聖天

〒111-0032 東京都台東区浅草7丁目4-1

待乳山は推古天皇3年、地中から急に隆起してできた霊山と言われていますが、そのときに金龍が天より降って山の周りをぐるりと周回し、守護したと言われています。
もちろん現実的にそんなことはなかったと思いますが、地形が隆起によって盛り上がったのは十分考えられますし、少し小高い丘になったわけですから落雷などの天災はあったことから、このような逸話になったのではないでしょうか。

浅草 待乳山聖天✨ 本殿にお参りしたとき、ちょうど結婚式をしてました いい天気でした〜 pic.twitter.com/TF9z1K9tSD

東京 台東区 待乳山聖天 ここに着いたとたん、 独特の空気感が流れています 熱心にお祈りされてる方も 多数おられ、 大根が山盛りになっているのも 初めてみた光景でした #待乳山聖天 #御朱印 pic.twitter.com/FFxCTJEsua

東本願寺

〒111-0035 東京都台東区西浅草1-5-5

浄土真宗東本願寺派の本山。

1651年(慶安4年)東本願寺第12世教如が神田に江戸御坊光瑞寺を建立したのを始まりとし
その後、京都の東本願寺の別院となった。
1657年(明暦3年)の大火により焼失し、現在の浅草に移転。
歴史に培われた荘厳な重みが息づく、格式ある寺院墓所。

酉の寺 長國寺

〒111-0031 東京都台東区千束3-19-6

江戸時代はじめ寛永7年(1630)創建の日蓮聖人を宗祖とするお寺。
「浅草酉の市発祥の寺」として「浅草 酉の寺」の名で親しまれてきた。

毎年酉の市が始まる午前0時のご開帳法要には多くの善男善女が本堂前に詰めかける。
法要の最後に熊手商の先導で参列者全員が「開運大手締め」を打つさまは圧巻だ。
誰でも参加出来るので開運を願って威勢良く手締めてみよう。

弘福寺

〒131-0033 東京都墨田区向島5-3-2

1673年(延宝元年)黄檗宗の僧鉄牛道機の開山、稲葉正則の開基により香積山弘福寺を現在地に移して建てられた寺院である。江戸時代には鳥取藩池田氏の菩提寺であった。関東大震災で罹災したが、1933年(昭和8年)に再建された。

1