1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

パパの子育て奮闘記!オススメ『お父さんの育児を描いた漫画』5選

子育てに奮闘する父親(イクメン)を描いた漫画の紹介です。「甘々と稲妻」、「プロチチ」、「ちちとこ」、「たーたん」、「パパと親父のウチご飯」の5作品。

更新日: 2017年11月06日

Kappa街さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
58 お気に入り 21527 view
お気に入り追加

☆ 甘々と稲妻 雨隠 ギド(著)

妻を亡くし、ひとりで娘の子育てに奮戦する数学教師・犬塚。
料理が苦手で小食で味オンチな彼は、ひょんなことから教え子・飯田小鳥と、一緒にごはんを作って娘と3人で食べることに!!

保育園女児の成長と、そのお父さんの成長と、女子高校生の成長の料理マンガ。初心者から主夫までの成長過程にドラマあり。

雨隠ギドさんの「甘々と稲妻」がほんと好きで、このシーンの言葉はずっと覚えとこうと思った。 将来自分に子供が出来たら、こういう食卓にしていきたい。 pic.twitter.com/psx5BTPz4e

甘々と稲妻を観たら、元気出てきた。つむぎちゃんを見てるとマジ天使だった頃の娘を思い出す。仕事ばかりで育児に協力できなくなった頃の自分に会いに行って殴ってやりたい。

よしちゃんが前に言ってた甘々と稲妻面白いかも(笑)かわいい! ドタキャン知ってたり大根もらって目を輝かせてたり可愛すぎる pic.twitter.com/tZkQ8OkDJR

甘々と稲妻のこのシーンは何度見ても涙が止まらなくなる。ご飯を食べて生きることについて考えさせられるんだ。ぼくは生きて、これからも生き続けるんだ。 pic.twitter.com/crPVNIH6Yh

甘々と稲妻見てると親になって子を育てる大変さと良さを両方感じる。子供の授業参観とか行きてぇんだ。

☆ プロチチ 逢坂 みえこ(著)

明るく元気な妻の代わりに0歳児の息子の世話を任された夫・徳田直(なお)は、ある事情から就職できず、男として自信を喪失していた――。

息子と真正面から向き合い格闘する日々が始まり、直はこれまで感じた事のない『父親としての使命』に目覚めていく――。

感激の、一冊。身の回りにもいる、自分の中にもある一面が、親しく描かれており、応援したいほどに親しくなることができた。

逢坂みえこ先生が書くプロチチっていう漫画面白い奥さん素敵な人だしパパの育児最高✨これはいい漫画だわ。 pic.twitter.com/1dGm2TZvbv

逢坂みえこ『プロチチ』1巻読了。発達障害の疑いあるパパが専業主夫となって育児に奮闘する話。発達障害と育児、どちらの視点も丁寧に描かれていて、楽しく学ぶことができました。オススメの本です。続き早く読みたいなぁー!#育児漫画

プロチチって漫画が面白すぎるwwww育児漫画なのに金魚の飼育方法が事細かにガチで描いてある(しかも解りやすい) 金魚の参考書とか買うよりこっちの方がいいんじゃないのか…?? 金魚のエサがボウフラとかはじめて知ったwwww

わたしもまだ途中だけど『プロチチ』という発達障害&育児マンガがすばらしいのでたくさんの方に読んでほしい。発達障害で会社に受入れられず専業主夫のご主人と、ご主人を愛し優しく導くバリキャリ編集者の奥さま。ステキなマンガです。 著者は『永遠の野原』の逢坂みえこさん。 #育児 #発達障害

逢坂みえこの「プロチチ」で個人的に大好きなシーン。子供を愛せるかと聞く新米パパに、主人公(発達障害の新米パパ)が返したセリフが秀逸だと思う。 pic.twitter.com/SipxJPAQXg

妊娠中に『プロチチ』読んだときは普通に面白いと思ったけど、今読むと泣ける。 うちの子も泣きながらトイレまで追いかけてきてバンバン叩いたりするなぁ。 この漫画の家族が凄く素敵で、応援したくなる。

プロチチ面白すぎる…………徳田夫妻の一難去ってまた一難来ても理性で物事を考えて理解ある行動で解決しようとするところ最高…………あと全体的に可愛い……

☆ ちちとこ うち子(著)

行動予測不能の暴れん坊キッズ・将。そんな息子のフォローに忙しいイクメン元ヤン主夫・よーさん。いつでも賑やかな父子の生活に、事件が起きないわけがない!?

子供が男の子だからですかね。パワフルでおバカな可愛さがあって良いです。
良くあるネタだなーと思う時もありますが、気づくとニヤニヤしていたり、癒されています。

『ちちとこ』っていう漫画がオススメ。癒し。面白い。可愛い。

1 2





Kappa街さん

よろしくお願いします。