1. まとめトップ

愛する人の存在が全て「嘘」だったら…「嘘を愛する女」

愛する人の存在が全て「嘘」だったら…「嘘を愛する女」

更新日: 2019年02月22日

0 お気に入り 14449 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼嘘を愛する女

TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILMにて、2015年初代グランプリ受賞したミステリー&ラブストーリー作品企画の映画化が遂にクランクアップ。

監督脚本を担当するのは長編映画デビューとなる気鋭のCMディレクター中江和仁監督。

「夫は誰だった?」という実在した新聞記事にインスパイアされて発想した中江監督が、元新聞記者でもる新人シナリオライターの近藤希実と共同でオリジナル脚本を執筆。

本作は「愛する人は誰だったのか」というセンセーショナルな内容のラブミステリー。映画の内容も気になりますが、本作に出演する豪華キャストにも注目が集まっています。

▽あらすじ

川原由加利(かわはらゆかり)は世の中の人が“憧れの女性”として描く像、まさにそのものでした。

大手飲料メーカーでキャリアウーマンとして第一線を走りながらも、プライベートでは恋人である小出桔平(こいできっぺい)と同棲をしており、公私ともに充実した日々を送っています。

ある日、恋人の桔平がくも膜下出血で倒れてしまいます。警察が彼の身分証などを確認したところ衝撃の事実が発覚。なんと身分証や職業はおろか、名前までもがこの世に存在しない「嘘」で固められていたのです。

くも膜下出血で眠り続ける桔平の本当の姿を知ろうと、由加利は探偵の海原匠(かいはらたくみ)に捜査を依頼。すると彼が記していた700ページにも及ぶ小説を見つけます。そこでは誰かの故郷に触れながら、幸せな家庭の姿が綴られていました。

桔平はなぜ嘘をつき続けたのか、どうして嘘で固める必要がったのか、彼の愛すらも嘘なのだろうか…?川原由加利は、愛する人の本当の姿に迫ります。

▽キャスト

映画『嘘を愛する女』で恋人役を演じる長澤まさみと高橋一生。実は2人は2004年に公開された映画『世界の中心で、愛を叫ぶ』で共演していました。

「セカチュー」で廣瀬亜紀を演じ、長澤まさみは一気にブレイク。一方で高橋一生が演じたのは宮藤官九郎演じた大木龍之介の高校生時代です。

長澤まさみは、当時共演したときから高橋のことが憧れの先輩だったと語り、本作で恋人役として再度共演できることが嬉しいとコメントを寄せました。

海原匠を演じるのはベテラン俳優の吉田鋼太郎です。吉田曰く海原匠はぶっきらぼうだけど、どこか放っておけない不器用な探偵とのこと。味のある演技に注目です。

本日発表になりました。 長沢まさみさん×高橋一生さんの映画 『嘘を愛する女』に出演させていただきます。 ロン毛の役です。ヒゲも剃ってません。 素敵な映画です!是非みなさんお楽しみに! pic.twitter.com/gvOp4AeWFr

2018年公開 映画「嘘を愛する女」に出演します。 ゴスロリのストーカーです お楽しみに! #嘘を愛する女 pic.twitter.com/2p8XgEZnbL

▼▽よかったら見てね~▽▼

1