1. まとめトップ

【徹底改善】【ボコボコ毛穴】しぶとい毛穴の開きの原因をまずは知ろう

ボコボコしたしぶとい毛穴の開き。原因をまずは知って正しい改善をしましょう。

更新日: 2017年11月07日

15 お気に入り 22248 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ymchris1992さん

皮脂の過剰分泌

毛穴が開く主な原因は、過剰な皮脂の分泌です。皮脂そのものは私たちの肌を守るために必要なものですが、過剰に増えると皮脂線が発達し、皮脂の出口が大きくなってしまうため、結果的に毛穴が開く原因になります。

皮脂が必要以上に分泌されていると、余分な皮脂によって毛穴が拡がってしまいます。それだけではなく、毛穴や皮膚表面に留まっている汚れや古い角質などが皮脂と混ざって酸化し、毛穴が黒ずんで見える原因にもなります。

肌の乾燥

肌の乾燥も毛穴が開く原因になります。肌がしっとりと潤っているのは、肌細胞に水分がきちんと浸透し、皮膚表面の皮脂膜が蒸発しないように防いでいるためです。しかし、皮脂膜を作る皮脂の分泌量は、肌に合わないスキンケアや年齢などとともに減少してしまいます。そのため、肌に必要な水分がどんどん蒸発し、ドライスキンになってしまうのです。乾燥して水分不足になると、肌のキメが乱れて、より毛穴が目立ちやすくなります。

毛穴の角質肥厚

古い角質がたまり、角質の代謝異常が起こることで、すり針状に毛穴が陥没することがあります。
またコメド(角栓)ができて毛穴を拡がらせることも。

加齢による肌のたるみ

加齢などにより、毛穴のある角質層の奥の「真皮(しんぴ)」という部分を構成しているコラーゲンやエラスチンが減少することで肌の土台が崩れ、その影響で肌表面のハリが失われ、顔が全体的にたるんできます。これによって、皮脂や汚れなどで開いた毛穴が拡がり、楕円形状になってしまいます。

加齢による肌のたるみも毛穴が開く原因のひとつです。加齢によって、毛穴のある真皮という部分を構成しているコラーゲンなどが減少すると、肌表面のハリが減って顔全体がたるみます。たるみが生じると、皮膚の重力によって毛穴が引き伸ばされ、毛穴が縦に開いて目立ちやすくなってしまうのです。

ニキビ痕

ニキビを潰すと治癒後に瘢痕化(はんこんか)し、そのか所の毛穴が開いたままの状態になってしまいます。また、ニキビを治したいがために洗顔をし過ぎたり、保湿をおこたるなどの間違った対処をすることで肌が乾燥し、必要以上の皮脂分泌が起こると、毛穴が詰まり、開いてしまいます。

ニキビ痕もあります。ニキビをつぶすと、つぶした場所がクレーターのようになって毛穴が開いたままになってしまうため、クレーター部分に皮脂や汚れが詰まりやすくなるのです。

クレンジングや洗顔を見直す

以下のようなものが肌を乾燥させ、毛穴を目立たせるクレンジング剤のようです。

・汚れやメイクとすぐになじみ、濃いメイクが簡単に洗い流せるクレンジングや洗顔剤
・軽く拭くだけで簡単に汚れが落ちるクレンジング剤
・毛穴汚れや角栓が落ちるクレンジングや洗顔剤
・濡れた手でも使えるクレンジング剤

女性がメイクに使っている多くの化粧品は、肌にとっては汚れと同じ存在です。化粧品がしっかり落ち切れずに肌に残っていることで、毛穴に汚れが詰まって毛穴開きの原因になります。

洗顔をするときにゴシゴシと強く擦っていたり、熱すぎるお湯で毛穴を無理に開こうとしていると皮膚に刺激が与えられ、毛穴が開いてしまいます。洗顔後と保湿の間に時間が開くのも皮膚の乾燥を招きます。

保湿を見直す

細胞間脂質の主成分であるセラミドは、加齢によって生成量が減少してしまうため、保湿によって補うことが重要です。肌の乾燥が気になるなら、セラミドが配合された保湿剤を使用しましょう。

食生活

脂肪分や刺激物、添加物などを多く含む食品や飲み物をとり過ぎないこと、タバコやアルコールの摂取は控えること、また同じものばかり摂取するという偏食をしないことが大切です。

紫外線対策ができていない

1 2