1. まとめトップ

【出会いから】最近の結婚・婚活事情まとめ【条件まで】

人恋しい季節になりました。そろそろ恋人が欲しいとか結婚を考えている人もいるのではないでしょうか。そんな方々が読みたくなるような記事を選んでまとめました。

更新日: 2017年11月16日

0 お気に入り 810 view
お気に入り追加

【ELLE】あなたの生まれた年に結婚したセレブカップルといえば?【1953年~1986年】|エル・オンライン

いつの時代でも、セレブリティの結婚といえば世界中が注目するニュースのひとつ。大物女優オードリー・ヘプバーンのウエディングから、今年の春に挙式を挙げたピッパ・ミドルトンまで、その年に話題をさらったカップル60組を2回にわたってご紹介。第1回目は、1953年~1986年をチェック!

楽天リサーチ、「結婚に関する調査」結果を発表|楽天株式会社のプレスリリース

■既婚者は「(結婚は)した方が良い」と考える人が6割以上。未婚者は「した方が良い」と「しなくて良い」が同割合の結果に

■既婚者の約7割が結婚生活に「満足」と回答。結婚のイメージは「子どもを持てた」、「家族ができた」、「安らげる場所ができた」とプラス思考のものが上位に

■結婚しない理由は「結婚したいが相手がいない」、「経済的に十分な生活ができるか不安なため」

■結婚相手に求める条件について、女性の半数以上は「経済力」と回答。結婚生活を始めるのに必要な夫婦合計年収は「400万円~500万円未満」

■夫婦円満のためにすることは「できるだけ一緒に食事をする」がトップ。他の年代に比べ、20代は「スキンシップをとる」、「SNS・メッセージアプリ・メールでコミュニケーションをとる」が高い結果に

セレブ婚活で億万長者と結婚した人の極意 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

理想の男性に出会うべく、あらゆる手段を駆使しました。結婚相談所は高年収の男性が集まるところを選びましたし、ネット婚活では「自分で会社を立ち上げました」というような層を狙いました。合コンもすごい回数をこなしましたね。

そうこうしているうちに、闇雲に婚活するよりも、自分がどんな男性に好かれやすいかを分析するほうが早いということに気付きました。

私の場合は、1回りくらい年上で、人生経験が豊富な人。当時はセレブ婚をしたいと思いつつ、仕事を広げたいとも考えていたので、ビジネス関連の勉強会によく参加していました。そこで知り合った事業家の男性、つまり今の夫が条件にぴったり。夫も私のことを気に入り、めでたく結婚できました。

ところが、待ち受けていたのは、思い描いていたセレブな結婚生活とは正反対。夫が大きく育てた会社が、リーマンショックで潰れてしまったのです。

早く言え~!結婚まで彼が黙ってたこと大モメ実例集 | 女子SPA

「バツイチの彼と結婚計画の最中、前妻との間に子どもがいて、結構な額の養育費を毎月払っていると言われました。結婚を考えていたけど、ふたりで暮らすには共働き必須な家計状況になることが判明。

 自分たちの子どもを育てるには、経済的に厳しいと、わたしが説明してやっと理解したみたい。

 バツイチは知っていたけど子どもがいるなんて一度も聞いたことがありません。3年も交際していたのに。隠していたのかとも思うけど、あえて聞きたくない。

 いまは両親が激怒しているので、結婚計画は白紙状態です。交際そのものも危ういかもしれません」(30代女性・営業職)

「結婚するとき、消費者金融や銀行系カードローンなどからの借り入れがないことを、お互い確認していました。

 でも、クレジットカードのリボ払い残高は盲点でした。リボ払い予定が数年先まで埋まっていて、慌てて一括返済したんです」(20代女性・専業主婦)

「不倫相手と同棲」「結婚後も性的関係を持たない」―天才たちを虜にし、自らも燦然と輝いた5人の女たち | ダ・ヴィンチニュース

著述家ルー・ザロメは、相手に「教える喜びを存分に味わわせる」という「特殊な能力」を備えていたらしく、哲学者のニーチェと精神分析医のフロイトは、この「理想の生徒」に魅了される。そして真理を愛する彼女は、どんな男から求婚されても「平等」に絶対的拒絶を示し、ニーチェと共同生活をしたさいも性的関係を持たなかった。しかし、その彼女が語学者のアンドレアスと電撃的な結婚をする。なんとルーに一目惚れした彼は、ナイフを自分の胸に突き刺して結婚を迫ったというのだ。

本書を読了して、泥沼の恋愛ドラマが流行らない理由をもう一つ思いついた。SNSを活用した出逢いが増えた現代においては、より刺激的な恋愛をしている人も多いのではないか。そんな人たちにとっては、「事実は小説より奇なり」の言葉があるように、もはや創作された物語に魅力を感じないのかもしれない。そんなドラマティックな現実と張り合わなければならないとしたら、テレビドラマを作る側は大変そうである。

日本の若者は結婚できないのではなく結婚したくないだけ―中国ネット - エキサイトニュース

2017年11月5日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の若者は結婚できないのではなく結婚したくないだけだとする記事が掲載された。

明治安田生活福祉研究所が行った独身者に対する調査によると、日本の男性の未婚率は25歳から29歳が71.8%、30歳から34歳が47.3%、35歳から39歳では35.6%だったという。女性ではそれぞれ60.3%、34.5%、23.1%だった。

調査によると、意図的に結婚しない人と結婚したいけどできない人の割合はほぼ半分だったという。年齢別で見ても、30代、40代、50代の未婚者のいずれも、意図的に結婚しないとの回答が約半分だった。性別の違いはあまりなく、男性49.1%、女性51.1%とほぼ同数だった。

意図的に結婚しない人と回答した人のうち、理由として最も多かったのが「独身主義でもともと結婚したくない」だった。また「独身は精神的にも時間的にも自由だから」という回答も多かったという。

記事は、結婚するかどうかは個人の選択だとしつつも、低下し続ける結婚率が日本の少子高齢化に拍車をかけていることは事実だと指摘。2065年には日本の人口が8808万人まで減少するとの予測もあり、日本社会の安定と発展の障害になっているとし、日本政府は将来的に独身税の徴収も検討していると伝えた。

これに対し、中国のネットユーザーからは「独身最高!」「中国も日本と同じ道をたどっている。90年代生まれの多くが独身の方がいいと思っている」「中国人はとりあえず結婚してから、その後離婚する」などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/山中)

結婚相手に求める条件、男女で大きな差が出たのは? - ITmedia ビジネスオンライン

楽天リサーチは11月7日、結婚に関する調査結果を発表した。結婚相手に求める条件のトップ3には、全体では「一緒にいて気が楽」(68.3%)、「価値観が近い」(67.8%)、「一緒にいて楽しい」(53.1%)が並んだ。男女別では「経済力」と「家事」について差が出る結果だった。

 最も大きな差が出た項目は「経済力」。男性は8.6%にとどまったのに対し、女性は半数以上の55.5%と、46.9ポイントの大差がついた。「家事や家計を任せられる」は男性が20.9%に対し、女性は9.9%で、男性の方がパートナーに家事を担ってほしいと求めているようだ。その裏返しのように、「家事が分担できる」を求める女性は25.5%(男性は12.0%)に上った。

「結婚していて思うこと」について、女性の43.8%が「経済的な安定を得られる」と回答。その一方で、31.4%が「家事の負担が増えた」と感じている。男性はそれぞれ19.5%、7.4%で、男性と女性で経済負担と家事負担への意識が異なることが分かった。

未婚者の結婚しない理由のトップは「結婚したいが相手がいない」(39.7%)、2位は「経済的に十分な生活ができるか不安なため」(26.4%)だった。結婚生活を始めるために必要な夫婦の合計年収は、「400万~500万円未満」が最も高く、「300万~400万円未満」「500万~600万円未満」と続いた。

未婚者が結婚したいと考える平均年齢は34.0歳。なお、国税庁の2016年分民間給与実態調査によると、男性の平均給与は30代前半になると400万円台に乗る(30~34歳の平均給与は男性457万円、女性315万円)。


 10月13~14日に、全国の20~60代男女を対象にインターネットで調査し、1000件の回答を得た。

「いい人と結婚しよう」では一生結婚できない | 今週のHONZ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

“3つの壁(「告白する」←「デートに誘う」←「連絡先を聞く」)を乗り越えさえすれば彼女ができるはずなんです。「こんなの数学の問題解くのに比べたら簡単な問題じゃねーか。」と思ったんですね。”

“受験と彼女づくりでけっこう一緒だなと思ったのが、「細かいバリエーションは違うけれど、プロセスにおいては基本的に似たような問題が繰り返し繰り返し出題される」ということ。”

1 2





feelthebernjapanさん

米国の大統領選を機に色々な情報を調べています。元ネタ記事を書いて下さった方ありがとうございます。そちらのサイトにアクセスが飛びますように⭐︎