1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

志尊淳から生田斗真まで!「トランスジェンダー」が登場する映画・ドラマ5選

“LGBT”や“性同一性障害”という言葉が一般化する中、「トランスジェンダー」の人物が登場する映画やドラマも増加傾向。志尊淳「女子的生活」、生田斗真「彼らが本気で編むときは、」、濱田龍臣「ハイヒール革命!」、エディ・レッドメイン「リリーのすべて」、「こいのわ 婚活クルージング」の5作品。

更新日: 2017年11月22日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
41 お気に入り 34115 view
お気に入り追加

ドラマ

志尊淳が“トランスジェンダー女子”役で連ドラ主演

◆『女子的生活』(2018)

俳優の志尊淳が、同局のドラマ10『女子的生活』(来年1月5日スタート、毎週金曜 後10:00、全4回)で主演を務める。

「女子的生活」は坂木司の人気小説をドラマ化した作品で、“トランスジェンダー女子”の日常を痛快かつ爽快に描いた全4話の物語。

男性として生まれたが、見た目は女性で恋愛対象も女性というトランスジェンダーのヒロイン・みきが主人公。田舎から都会に出てきて、神戸のファッション通販会社で働くOLのみきが、同級生だった男・後藤と再会し、2人が奇妙な共同生活を送ることになる。

みきには「日常」に潜むいろんなモヤモヤがふりかかってくるけれど、圧倒的な自己肯定力をもって、ぶっとばしていく姿を、ポップに、明るく、コミカルに、そして少し切なく描いていく。

現在のみきの姿に戸惑う後藤役を町田啓太(劇団EXILE)、みきの同僚のOL・かおり役を玉井詩織(ももいろクローバーZ)、先輩・仲村役を玄理、セレクトショップの店員・ゆい役を小芝風花が演じる。

NHK 主演おめでとう\(^^)/ 「女子的生活」 全部で4回しかないけど、演じるのむずかしそうなトランスジェンダーの役。どう演じるのか楽しみだね! #志尊淳 nhk.or.jp/dramatopics-bl…

主人公はトランスジェンダーで、体は男性・心は女性。でも、恋愛対象は女性なのか… うん。ごくごく少数派でも、実際、そういう人もいるんだろうなぁ nhk.or.jp/dramatopics-bl… # 女子的生活

啓太くん、ドラマ10再び! トランスジェンダーの同級生の家に転がり込んでオロオロする男子。設定が期待しかない!坂木司さん原作のドラマにでるっていうのも感慨深いわ。きっと素敵な話に違いない! #町田啓太 『女子的生活』ドラマ10 nhk.or.jp/dramatopics-bl…

映画

トランスジェンダー役の生田斗真が新境地を見せる

◆『彼らが本気で編むときは、』(2017)

監督:荻上直子
脚本:荻上直子
出演:生田斗真、桐谷健太、柿原りんか、ミムラ

母親が家を出てしまい置き去りにされた11歳のトモ(柿原りんか)が、おじのマキオ(桐谷健太)の家を訪ねると、彼は恋人リンコ(生田斗真)と生活していた。

トランスジェンダーのリンコは、トモにおいしい手料理をふるまい優しく接する。母以上に自分に愛情を注ぎ、家庭の温もりを与えてくれるリンコに困惑するトモだったが……。

「かもめ食堂」の荻上直子監督が5年ぶりにメガホンをとり、トランスジェンダーのリンコと育児放棄された少女トモ、リンコの恋人でトモの叔父のマキオが織り成す奇妙な共同生活を描いた人間ドラマ。

アメリカ留学から帰国したのち、セクシュアル・マイノリティの人たちへの対応が社会的にやや遅れている日本に違和感を抱いた荻上直子監督が、自身でオリジナル脚本を作り上げた本気の意欲作。

物語のカギを握るトランスジェンダーのリンコを生田斗真が演じて新境地を見せるほか、その恋人役を桐谷健太が演じる。

『彼らが本気で編むときは、』邦画版チョコレートドーナツと言っても過言ではない。容姿だけではなく仕草や心の在り方…リンコの美しさに目を奪われる。母の不在、体と異なる性、これは日本にもある話。トランスジェンダーを扱った邦画を初めて観た… twitter.com/i/web/status/9…

「彼らが本気で編むときは、」 口コミとか見る前に借りて見た。 子役の演技、そして生田斗真の女装とても良かった。 本当に女の人を思わせるような一つ一つの仕草、話し方。 色々な母子の関係性。 トランスジェンダーのまだ理解されてない… twitter.com/i/web/status/9…

「彼らが本気で編むときは、」すごくよかった。 トランスジェンダーについてここまで繊細に描いている映画を初めて見た。 そして、自分が母になる前にこの映画に出会えてよかった。 リンコの女性としての見た目の違和感が内面の美しさを引… twitter.com/i/web/status/9…

子役出身の濱田龍臣が“女子”役に挑戦

◆『ハイヒール革命!』(2016)

監督:古波津陽
脚本:福島敏朗
原作:真境名ナツキ
出演:真境名ナツキ、濱田龍臣、西尾まり

1 2 3





記憶の中で生きてゆける