1. まとめトップ

学校・保育所から「ノロウイルス」の連絡が! 家庭で何をすれば!?

学校や幼稚園・保育園の保育所から「ノロウイルス感染」のお知らせが来たら! そんな時に家庭で行う対策をまとめました。

更新日: 2017年11月11日

0 お気に入り 1670 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

YAS典さん

息子が保育園でノロウイルス感染! それが今度は妻に( ; ; ) 次は娘か・・・俺かどっちになるか・・・ 乞うご期待!!

しっかりと対策をしないと、順番に家族に広がっていく『ノロウイルス』脅威でしかないですよね?ツイッターの投稿者の家でこれ以上の被害が出ない事を祈っています。

では、この様にならないために、どうすればいいのでしょうか??

正しい知識でウイルスを「家に持ち込まないコト」が大切

では、どうしたら家庭に『ノロウイルス』を落ち込まないようにできるのでしょうか?

体や衣服にノロウイルスが付いているかもしれません、家の中にウイルスを入れないように、水際で食い止めましょう!

しかしノロウイルスは『ほんの少し』で感染します、その数が

ノロウイルスは10~100個のわずかな数が体内に入っただけで感染します。
一方で,ノロウイルス感染者の下痢には,耳かき一さじの中にノロウイルスが1億個以上含まれていると言われています。

だから、体からノロウイルスを取り除く、その基本は

感染予防の基本は「手洗い」と「うがい」です。特に調理前、食前、トイレの後や下痢をしている乳幼児や高齢者の世話をした後及びおう吐物の処理後などは、石けんと流水で手指をよく洗いましょう。

ノロウイルスの感染予防で「手洗いの徹底」を厚生労働省や各都道府県や市町村の保健所が呼び掛けています。

しかしながら…

石けん自体にはノロウイルスを直接失活化する効果はありませんが、手の脂肪等の汚れを落とすことにより、ウイルスを手指から剥がれやすくする効果があります。

トコロが、手洗いでこれだけのウイルスがいなくなります!

手洗いの方法 残存ウイルス数 (残存率)*
手洗いなし
        約1,000,000個
流水で15秒手洗い
         約10,000個 (約1%)
ハンドソープで10秒または30秒もみ洗い後、流水 で15秒すすぎ
           数百個 (約0.01%)
ハンドソープで60秒もみ洗い後、流水で15秒すす ぎ
           数十個 (約0.001%)
ハンドソープで10秒もみ洗い後、流水で15秒すす ぎを2回繰り返す
            約数個 (約0.0001%)

ハンドソープで長い間手を洗うより、ハンドソープで洗って、流水ですすぎをすることで手からウイルスを「洗い流す」ってコト
手洗いって重要なんですね

因みにコレが正しい手洗いの方法です!

さあ、手からウイルスを除去したら次は!

次は「衣服」についているノロウイルスを撃退しましょう!

普通は嘔吐物が「大量に」ついた状態で帰って来ることはないでしょうが、ほんのわずかな数量で感染する「ノロウイルス」
飛沫感染でどこに潜んでいるか分かりませんよ!?

洋服やタオルなどに嘔吐物や排せつ物がついてしまったときは、その衣類をそのまま洗濯機に入れて洗ってはいけません。
ノロウイルスは大変生命力の強いウイルスのため、洗濯機に直接入れると洗濯槽の中にウイルスが残ってしまいます。

ノロウイルスはとても強い感染力を持ったウイルスです。洗濯槽にノロウイルスが付着してしまいますし、もちろん、他の衣類と一緒に洗濯することは厳禁です。

洗剤は何を使えばいいのかな?

ウイルスは洗剤では不活性化できないので

0.02%塩素系漂白剤調整液での消毒が有効です。その後、十分にすすぎ、高温の乾燥機などを使用すると殺菌効果は高まります。 85℃で1分間以上の熱水洗濯が効果的ですので、熱水洗濯が行なえる洗濯機があれば利用しましょう。

しかし…塩素系漂白剤は

なかでも花王の『ハイター』などの「塩素系漂白剤」は漂白力が強く、柄物の洋服を柄ごと白くしてしまいます

この様に、ウイルス対策は万全でも、衣服に関しては問題もあるので、注意が必要となります。
但し、衣服の洗濯の例は『嘔吐物が付着した衣料品』をお前提にしていますので、ココまで気を配る必要はなく、万全の対策を取るための物としてお考え下さい。

1 2