1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

アサルトライフルとは・・・

アサルトライフルは、実用的な全自動射撃能力を持つ自動小銃のことである。従来の小銃弾(フルサイズ弾)より反動の弱い弾薬(中間弾薬)を用いることで全自動射撃を容易にしているものが多い。

10位 89式小銃 (日本)

なお64式の方は現場からの要求に真摯に応えた結果、時代の変化もあって89式小銃では部品点数がかなり減ってる

89式5.56mm小銃は、自衛隊が制式化した自動小銃である。1990年代以降、陸上自衛隊の主力小銃となっている。
広報向けの一般公募愛称は「バディー」であるが、部隊内では単に「ハチキュウ」と称される。

9位 AK-74 (ソビエト連邦・ロシア)

なんだっけなーシリア内戦だかどっか民兵だったかな?ロシア軍以外でもAK-74にRPKのマガジン挿してる例があったんだけど

【AK-74】AK-47で使用していた弾薬とは変わり、口径を5,45mmにすることで反動を抑え、命中率や携行数の向上につながっている。内部機構はAKMと似ている。大型のマズルブレーキやストックのラインが特徴。 pic.twitter.com/kCyFMadzj9

AK-74は、1974年にソビエト連邦軍が従来のAK-47系列の後継として採用したアサルトライフルである。AK-74にはGRAUコードで6P20/6П20が付与されている。

8位 AK-47 (ソビエト連邦)

特徴 使用弾:7.62mm×39弾 発射速度:約600発/分 重量:マガジン付約4.3kg(マガジン無しの場合は約3.8kg)

AK47なら弾代が安いだろうって?…あれは狙って撃つものでは無いからな…

実戦の苛酷な使用環境や、戦時下の劣悪な生産施設での生産可能性を考慮し、部品の公差が大きく取られ、卓越した信頼性と耐久性、および高い生産性を実現した。

7位 FN F2000 (ベルギー)

空挺部隊がF2000 特殊部隊がSCARをそれぞれ使っているけど、ベルギーの地上構成部隊ってマークスマンライフルは居ないんだろうか?

【主観的武器評価】F2000 ちょっとかわいそうな子。レートが高すぎて、反動が強く扱いにくい。そのせいで遠距離は苦手。反動は縦ブレなので、それを制御できると近距離でもSMGと渡り合える。しかし、詰めが甘いドジッ娘なのでリロードが激遅。早業も欲しいが、レートのせいで弾がすぐ尽きる。

モジュール式を採用したブルパップ式アサルトライフルで、独自の前方排莢機構を持つ。アメリカのOICWの対抗として開発された。将来的に火器統制装置(FCS)を装備する必要性が生じた場合に対応できるように部品を交換することができる。

6位 AUG (オーストリア)

【コマンドー武器辞典 ステアーAUG】 アリアスのメインウェポン。 作動機構をトリガーよりも後方に置くブルパップ式アサルトライフルであり、 5.56mmNATO弾を使用する。 ダイハードでもカールが使用している。 #bot

AUGが好きなのでPUBGでも出てほしいなってちょっと思ったけどまた5.56mm弾のアサルトになるのでダメそう

AUGは、作動機構をトリガーよりも後方に置くブルパップ方式を採用している。ブルパップ方式は、銃身を短くすることなく銃を小型化することが可能で、弾丸の威力や命中精度を維持しつつ取り回しの良さを改善できるメリットがある。

細身で未来的な外観の割には1970年代設計の割と古めな銃。外観のストック(銃床)からハンマーやトリガーなど細部パーツに至るまでポリマー樹脂を採用したことにより独特な外観を生み出したのみならず軽量化にも成功している。

ブルパップ特有の問題点の一つである、アイアンサイトでの照準合わせがしにくい欠点を克服すべく、初めからキャリングハンドル一体型の1.5倍率のスワロフスキー社製テレスコピックサイトを標準装備としている。ブルパップならではの反動の受け流しやすさも相まって、射撃経験の少ない素人でも容易な照準が可能となった。トリガーの引き加減でセミ・フルオートの撃ち分けを可能とした代わりに、セレクタースイッチは排除されている。

1 2