1. まとめトップ

【11/16(木)】2017ボジョレー・ヌーヴォーの気になる出来はいかに!?【解禁】

毎年、巷で騒がれているボジョレー・ヌーヴォーの季節がやって参りました。ボジョレー・ヌーボーとは!?今年解禁日は?ワインの出来は!?気になる情報をまとめてみました。

更新日: 2017年11月15日

0 お気に入り 1848 view
お気に入り追加

ボジョレーワイン - Wikipedia

ボージョレーワイン (フランス語: Vignoble du Beaujolais)とは、フランスワインの1つ。ローヌ県北部、ソーヌ=エ=ロワール県の数箇所のコミューンで生産されている。ブルゴーニュワインの1種類とされている。生産地域は、マコンとリヨンの間、ボジョレー地方の山のふもとである。
毎年11月第3木曜日に解禁される、特産品の新酒をボージョレー・ヌヴォー (仏: Beaujolais nouveau) という。以前はその年のブドウの出来栄えをチェックすることを主な目的としたもので[要出典]、ワイン業者が主な顧客であったが、その後、解禁日をイベントとして、新酒として大々的に売る販売戦略や販売手法が確立され、現在はフランスでも、日本と同じ目的で一般の消費者向けに売られている(ブルゴーニュ地域圏のマコネー (Maconnais) 地区に隣接する地のワインはブルゴーニュ・ワインに分類される)。

ボジョレーヌーヴォーの解禁日は、なぜ11月の第3木曜日なのですか? サントリーお客様センター

当初、ボジョレーヌーヴォーの解禁日は11月15日でしたが、この日が土日にあたるとワイン運搬業者がお休みになってしまうため、1985年より11月の第3木曜日に改定されました。

解禁日は、早出し競争による品質低下を防ぐため設けられました。
なお、1984年11月15日が木曜日だったため、1984年に第3木曜日になったとする表記もありますが、法改正による変更は1985年からです。

今年の“解禁”は11月16日(木)「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」 欧州新酒を今年も発売|2017年|ニュースリリース|キリン

メルシャン株式会社(社長 代野 照幸)は、フランス、イタリアの2017年新酒の受注を7月上旬より全国で開始し、「ボージョレ・ヌーヴォー 2017」を含むフランス産新酒を11月16日(木)から、イタリア産新酒「ヴィノ・ノヴェッロ 2017」を10月30日(月)から全国で発売します。

ボジョレーヌーボー2017の解禁日や出来の評価はいかに!?

今年、2017年は11月16日の木曜日がその解禁日にあたります。

毎年話題になるボジョレーヌーボーの解禁日ですが、

11月の第3木曜日と知っておけば、入手しやすくなりますし、早めにレストランの予約もできますからね。

相当のワイン通は1年前から人気店を押さえておくというから驚きです・・・^^;

ボジョレーヌーボー2017年の出来はどうなのだろう?

2017年のボジョレーヌーボーは、9月初旬時点では、

量的には少ないが、素晴らしいヴィンテージ品質

とのこと!

2017年ボジョレーヌーボの評価コメントは?最悪それとも! | 料理を美味しくするポイントと考え方

2017年のボジョレーは?
今年のブドウは冷害でかなり深刻な状況のスタートでした。

今年のボジョレー最新記事でも書きましたが、

小粒ながら夏の天候に恵まれ、

味の凝縮した美味しいブドウになったようです。

ワインの出来もそれに伴い、十分美味しく仕上がったようです!

それでこんなコメントが!!!





今世紀最高と言われた2015年を上回る、

芳醇さと優美さを感じさせる仕上がり。



だそうです。

確かにどんな年でも、なんだかんだと良いコメントですね!

<11/16(木)解禁!>2017年ボジョレー・ヌーヴォー | ワイン通販のENOTECA(エノテカ)

2017年のボジョレー地区は、乾燥した気候と日照量に恵まれた太陽のヴィンテージ。収穫されたブドウは非常に健康で果皮が厚く引き締まり、凝縮した果実味を備えています。ボジョレーの栽培醸造の研究機関シカレックスの幹部であるベルトラン・シャトレ氏は「2017年の出来は、収穫量こそ少ないものの今世紀最高と称された2015年を思い起こさせる。しかも、一層溌剌としていて、優美さという点でもレベルが高い。」と称賛しています。

エノテカでも取扱いのあるボジョレーのスペシャリスト、アンリ・フェッシも「2017年ヴィンテージは芳醇かつ上品な味わいに仕上がるだろう。しかも、乾燥した気候であったためにブドウが深く根を張り、ワインにボジョレーのテロワールが見事に表現されている。」と自信を漲らせています。

ボージョレ・ヌーヴォー2017 葡萄の生育状況 ワイン通販専門店 リカープラザえちごや【限定ワインからデイリーワインまで豊富な品揃え】

豊満で朗らか、絹のようにしなやか。しかもフレッシュで輝かしい

ボジョレのぶどうは畑では収穫が終わり、騒々しさは畑から醸造所へと移った。収穫の最盛期は9 月 上旬で、これは生産者にとって理想的なタイミングとなった。夏の強い暑さはおさまっており一方で 昼間はまだ長く、太陽が降り注いでいた。 2017 年は予想外の悪天候によって強く記憶される年となるだろう。春にはわずかではあったが霜が降 り、夏の初めには激しい雹の嵐があり、その後は乾燥が広がった。収穫の直前に雨が降り、これが救 世主となった。

特に水分不足が懸念された区画においてぶどうが最適に熟すために欠けていたみずみ ずしさを取り戻させ、ガメイはその果実味とアロマのポテンシャルを存分に発揮することができた。 2017 年は一方で、病気の広がりはまったく見られない年だった。ぶどうは水不足のために「喉がカラ カラ」の状態だったが、衛生状態には何の問題もなかった。収穫されたぶどうはとてもよい品質で、 凝縮しており、酸とのバランスもよい。 収穫が開始された時に枝はすでに硬くなっており、種は軽く木質化していた。これは、ぶどうのすば らしい熟度を示す典型的なサインだ。果皮は厚く引き締まっていて、結実不良の果粒と、また果汁の 比率も少ないことから、よい凝縮感が保証される。

最初の試飲では、ワインは酸、果実味、タンニンの完璧なバランスを示している。ぶどう樹は栄養分 を得るために根をいっそう土中深くまで張らなければならなかったため、ワインは傑出したテロワー ルをいっそうよく映し出している。 2017 年ヴィンテージの品質を正確に形容するには時期尚早だが、いずれにしても品質のすばらしさが 見てとれる。Sicarex(ボジョレの栽培醸造の研究機関)の幹部であるベルトラン・シャトレ氏は、 「熟度ネットワークで示されたぶどうの成熟の進み具合の曲線は、2015 年を思い起こさせた。最初の 醸造で我々はそれを確信できた。しかし、2015 年よりは弾けるようなニュアンスあり、一層エレガン トな側面もある」と述べている。さらに、「最初のワインは輝きと爽やかさを増しているようだ」と 付け加えた。 2017 年の品質が高いことは間違いなく、しかし唯一の懸念事項は数量で、フランスの他の産地と同様 にボジョレでも収穫量は少ない。多くの地域において、今年の自然は容赦の無い厳しさを見せた。 11 月16 日のボジョレ・ヌーヴォー解禁において、2017 年の実りの詳細が明らかとなる。

【決定戦】ボジョレーヌーヴォ―のコピペから年ごとの格付けを検証してみた。【2002-2014】 | ACCETORY

ルール

○○年より上と言われた時、○○年より一つ順位を上とする。

ここ○○年の中で最高と言われた場合、その範囲の中で最高位

論点

近年にない出来←過去何年を遡るか。

年数を出した比較をしていない年をどの位置に置くか。

どちらも「上々」、「最高」など他の程度を表す連体詞で評価。

ラインナップ

Wikipedia「ボジョレーワイン」の項目に即して、
2002年から2014年のボジョレーを紹介する。(2014年のみ異なるページ)

ボジョレーヌーボーの評価が面白すぎる!近年のキャッチコピーのまとめ! – 豆知識PRESS

2000年以降のキャッチコピーを順に並べてみました。

2000年・・・出来は上々で申し分の無い仕上がり
2001年・・・ここ10年で最高
2002年・・・過去10年で最高と言われた2001年を上回る出来栄え
2003年・・・100年に一度の出来
2004年・・・香りが良くなかなかの出来栄え
2005年・・・ここ数年で最高
2006年・・・昨年同様良い出来栄え
2007年・・・柔らかく果実味が豊かで上質な味わい
2008年・・・豊かな果実味と程良い酸味が調和した味
2009年・・・50年に一度の出来栄え
2010年・・・1950年以降最高の出来と言われた2009年と同等の出来

2011年・・・近年の当たり年である2009年に匹敵する出来
2012年・・・史上最悪の不作だが品質は良く健全。糖度と酸度のバランスが良く軽やか
2013年・・・ブドウの収穫量は少ないが、みずみずしさが感じられる素晴らしい品質
2014年・・・近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ
2015年・・・我がワイン人生最良のヌーヴォー
これらのキャッチコピーを見る限り、ブドウが不作だったという2012年以外は、どれもその年のボジョレーヌーボーを高く評価するものばかりですね。

1 2 3 4





feelthebernjapanさん

米国の大統領選を機に色々な情報を調べています。元ネタ記事を書いて下さった方ありがとうございます。そちらのサイトにアクセスが飛びますように⭐︎