1. まとめトップ

転職にも影響が出るのか?就活ルール変更で一体どうなるか?

経団連が決めている新卒ルールに大きな変更がなされるようです。これまでは、4年生の6月から面接が開始されましたが、なんとそれが撤廃されます。これには様々な背景があるようですが、転職者にも大きな影響が出そうです。それがいったいどんな影響か、そしてどう立ち向かっていくかを考えます。

更新日: 2018年10月14日

2 お気に入り 2661 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

就活ルールが消える。経団連が決定

現在の大学二年生が対象となる二〇二一年春入社の就職活動で、採用面接の六月解禁などの現行日程を維持する案が有力となっていることが二十一日、明らかになった。

彼は日立を立て直した偉大なる人物です。経営者としても思う所があったのでしょう。

現在のルールでは企業による採用に関わる説明会などの広報活動は4年の3月から、正式な選考活動は6月からと定められていました。
しかし2021年入社組の就職活動からは、このような採用時期の制約がなくなるので、企業による優秀な学生の取り合いが激化していくことが予想されます。

6月ルールの廃止です。

企業の事情だけでなく、学生たちが、社会でより力を発揮できるようになるための仕組みがあらためて問い直されている。

勉学に勤しむべきというわけでしたが、これが変わってきています。最低限のスキルは最初から身に着ける必要があるという事です。

就活ルールという物がどういうものかを見てみよう

採用選考活動開始時期
学生が本分である学業に専念する十分な時間を確保するため、採用選考活動については、以下で示す開始時期より早期に行うことは厳に慎む。

広報活動:卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
選考活動:卒業・修了年度の6月1日以降

あくまで、経団連が加入する一部の企業のルールです。たとえるなら、自民党の党首ルールが3回までと同じようなものです。

学生が落ち着いて就職に取り組むためには、ある程度時期を決めたほうがいいと思います。
たとえば就活が通年化になって、ずっと就活ばかりになると、もう何のために大学に行っているのか分かりません。
就活の期間は、そんなに長引かないほうがいいと思います。

学生の事を考えた話であった。しかし…

どのような背景があるか?そしてどのよう影響が出るのか?

このルールは経団連が自主的に定めたものなので、法的な拘束力はありません。そのため、経団連に加入していない企業の場合は3年生の12月から説明会をして3年生の3月頃には内定を出している企業も少なくありません。そのため、以前からルールが形骸化しているという声が多く挙がっていました。

日本企業に就職をし出したのも大きな理由です。彼らは新卒採用ルールとは一切無縁です。

文部科学省が大学などを対象に行った来年春卒業予定の学生の就職・採用活動に関する調査によると、いわゆる就活の開始時期については、大企業・中小企業ともに3月と4月が多く、内々定の時期は、大企業は6月が最も多く44.7%、中小企業は5月が最も多く29.4%だった。

経団連に加入していないので、就職ルールとは無縁なのです。

ついに新卒就活ルールが…!20年入社(現在の大学3年生)までが最後ってすぐそこ!既卒や第二新卒の就活も変わりそうです…! 経団連、就活指針廃止を正式決定 20年入社世代が最後 | 2018/10/9 - 共同通信 this.kiji.is/42228115215232…

内定が出ている企業も。本当ならば、選考は0日という事になります。

外資系企業などの経団連に加入しない企業は早い段階で選考を行い、経団連の企業が選考を始めるときには優秀な学生に内定を出しています。優秀な人材確保のためには今のルールに縛られずに早い段階で優秀な学生と接触して内定を出す必要があると企業側も感じているのだと思います。

新卒就職の新時代といえます。

これによってパイが減って、新卒VS転職組の構図になるか?

パイが減ると不安になるものですが…

経団連 就活ルールの廃止決定 news.yahoo.co.jp/pickup/6299470 #Yahooニュースアプリ 新卒一括採用やめよう。 ポテンシャル採用で。 解雇しやすくしよう。 転職しやすい環境にしよう。

新卒一括採用がなくなると 学生が新卒というレッテルによって得ていたチャンスを、実務経験豊かな転職者が奪うようになり、新入社員の離職率が高まる “新卒だからとりあえず就職できれば大手”という考えの人が少なくなって就きたい職を必死で選ぶようになるかもしれないが。 jiji.com/sp/article?k=2…

新卒もしっかりとしたビジョンが必要ですが、転職組もこの状況をチャンスとしたいものですね。

ルールが変われば他産業との厳しい人材獲得競争の中で、採用戦略も大きな見直しを迫られる可能性が高い。

必ずしも不利になるというわけではありません。逆に言えば、ニッチ産業を狙う可能性もあるわけです。うまく採用担当者に合わせる事が出来れば、転職もうまくいくかもしれません。

特定の期間ではなく、いつの期間でも本来の魅力を説明すれば、採用されやすくなるとみる事も出来あなた次第です。

そうした中、新卒一括であっても、年齢を問わない成果型賃金・昇進制度や、転勤が伴わない地域限定社員制度の導入など、日本型雇用を柔軟化する試みは広がっている。転職希望者対象の中途採用も珍しくない。グローバル化を背景に企業と労働者が仕事内容や勤務地、労働時間などを明確化する欧米型雇用も増え、異質な雇用形態が混在しているのが実情だ。

転職希望組の方も備えましょう。そのためには、対処法と具体策を知っておくことだと思います。

転職組はこの問題にどう対処すればいいか。

本丸は解雇規制と終身雇用をどうするかなので、入り口のルール変更は大きな影響を及ぼすことはなさそう。すでに終身雇用を前提としない外資やベンチャーを志望する優秀層が増えており、大企業からの転職もじわじわ増えてるので徐々に変化しそうではある。 www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

「新たなルール」なんてつくらないで、いっせい就職という奇怪な風習をやめて、他の国なみに、学生がバラバラに就職したほうがいいとおもうけどなー。 日本だと、そうはいかないのか。 いろいろ、めんどくさい国だね www3.nhk.or.jp/news/html/2018…

護送船団方式だったわけですが、新卒採用においても、転職についても変わりつつあります。

1 2