1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

暖房での乾燥対策!加湿器無しでも湿度をあげる方法

数ある暖房器具の中でも圧倒的使用率のエアコン。すぐ暖かくなって便利な反面気になるのがお部屋の乾燥。なので今回は加湿器無しでも湿度をあげる方法についてまとめてみました!

更新日: 2017年11月16日

62 お気に入り 79890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ひびきすさん

暖房で部屋が乾燥する!

暖かくて便利な機能ですが、その部屋の空気はとっても乾燥してしまっているのです。

一般的にエアコンは「温度」を上げて温めてくれますが、「湿度」を30%以下にしてしまうため、暖房器具の中でも乾燥しやすいといわれています。

乾燥対策には加湿器を使う方法もありますが、節電やエコなどを考えると、加湿器を使わず自然な方法で湿度を上げる方法を知っておきたいところです。

空気の乾燥でおこるさまざまなトラブル

空気の乾燥でさまざまなトラブルが生じます。なかでも、喉、肌、髪の乾燥が代表的です。

湿度が下がると、細菌やウィルスが活性化し病気の原因にもなります。肌や髪の毛も乾燥し、美容にもよくありません。

冬の乾燥を軽視して放っておくと、思わぬトラブルになることもあります。

風邪やインフルエンザウィルスは、湿度が40%を切ると活発になるので、最低でもこの数値を超えるようにしましょう!

濡れタオルを置く

効果は加湿器に比べると若干効果が落ちますが、もっとも手軽で、お金がかからないので一番オススメの方法です

洗濯物を部屋干しする

冬場は外に干しても、洗濯物の乾きが悪いです。

どうせ外で干しても、乾かないのであれば部屋干ししましょう。

部屋の中に水分を含んだものがあれば、それが自然と乾燥して空気中に水分を発していきます。その結果、湿度を上げることができます。

でも心配なのはニオイ…と思うかもしれませんが、上手に洗剤を選んで使えば、大丈夫!部屋干しした洗濯物もすっきりキレイに仕上ります。

霧吹き

とにかく早く部屋を加湿したい!というときは、単純に部屋に水分を撒くのが早いです。

お風呂場のドアを開けておく

1 2