1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

「私、ブスやったんや…」あの人たちの嘆きに同情せざるを得ない件

有村藍里さんに柏木由紀さん…芸能人たちの嘆きに思わず同情…

更新日: 2017年11月10日

ピュンマさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 337535 view
お気に入り追加

▼有村架純の姉・有村藍里は、ネットでの誹謗中傷に落胆…

有村藍里(27)が9日放送の日本テレビ系バラエティー「ダウンタウンDX」(木曜・後10時)に出演し、ネットでの誹謗中傷を嘆いた。

有村は、女優・有村架純の姉という記事が出た際に「売名」「不細工」と叩かれ、引退も考えたことを告白。

そうしたネットの反応により「私、ブスやったんやと思って、少しでもかわいく詐欺れたらなと思って、“自撮り詐欺”してます」と素直に明かした。

有村藍里って普通に可愛いよね? あんなに言われるの可哀想だな(´・ω・`)

▼AKBの古参メンバーとなった柏木由紀は、ファンの反応に嘆き…

柏木は、自身の卒業についての質問に「数年前は考えたりもしましたけど、1周回っちゃった感じがあります」と、現在は卒業するつもりがないことを明言。

8日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)で、AKB48・ゆきりんこと柏木由紀が、ファンからグループに「いつまでいんだよ」と思われている雰囲気があることを明かした。

同じ3期生の渡辺麻友が卒業することに触れ「20人ぐらいいたのに、同期。気がついたら最後まで残っちゃって」と、同期メンバーがいなくなり、自身より古参は峯岸みなみただ1人という状況に、「最年長の最古参、古株」と嘆いた。

柏木によると、メンバーではなく、「ファンの感じを感じますね。ファンがもう…」「『いつまでいんだよ?』的なのを感じる」と明かしたのだ。

▼映画「SWAN SONG」に主演した岩田剛典は、雪の中での撮影に嘆きまくり…

映画「SWAN SONG」(落合賢監督、約17分)は、EXILEの曲「Heavenly White」が原案。大寒波に襲われた東京を舞台に、深い雪に覆われた無人の街を親友(桜庭さん)と共に歩く……というストーリー。

岩田剛典(28)が8日、短編映画6作品からなる「CINEMA FIGHTERS」(来年1月26日公開)のプレミア上映会が東京都内で行われ、E-girlsの石井杏奈(19)と登壇。

雪の中での撮影が大変だったことも振り返り、「積雪も自分の目の高さくらいまであって、その中を延々歩くシーンでは、カットがかからなくてこのまま遭難するんじゃないかって思っていた」と苦笑い

「桜庭(ななみ)さんと、木のテーブルのようなものをソリに見立てて(雪の斜面を)滑る場面では、命綱もない中、減速できずにドンドン加速して、毎回2人で積雪にダイブしていました。幸い、ケガはしませんでしたが…」と嘆いた。

@T_IWATA_EX_3JSB 雪の撮影ご苦労様でした。 凍りつく雪も岩ちゃんのあったかいハートには負けちゃいそう…ですね!!雪さえもとかしてしまいそうな、その笑顔に私も心がほっこりしています。いつもありがとう

▼ダレノガレ明美はクリスマスを前に、男運のなさを嘆く…

1 2