1. まとめトップ

来年はレベルアップ!手帳の賢い使い方

今年もラストスパートに入りました。そろそろ来年のことを考えよう!

更新日: 2017年11月10日

29 お気に入り 34105 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

栗大福さん

●手帳使ってる?

手帳というのは上手に使えば、仕事の効率を高め、生産性を上げることに役立つのは間違いありません。それどころか成長を加速し、人生を豊かにする効果まで、手帳にはあるのです。

手帳に真っ先に書くのは、自分の時間を確保すること。 予定が入らないように黄色く囲みます。月曜日は休日、火曜日は練習、水〜金曜日の朝は執筆と創作にします。以後、レッスンは午後からにします。 pic.twitter.com/TfSWrLu4c1

時間を可視化し、自分のための計画を立て、こまめに“メンテナンス”する

手帳ってスケジュール管理だけするんじゃ、もったいない気がするんだよな。みんなどんなこと書いてる?

みんながおすすめする手帳の使い方をご紹介します!

●色ペンを使う

何も考えずに黒いボールペンで書き込んでいたら、大切な情報がたくさんのメモの中で埋もれてしまうことがある。色ボールペンを使ったとしても、色分けのルールが曖昧ではかえって混乱してしまうだけだ。

●消せるペンを使う

●付箋を使う

一番最後のページに、付箋紙のメモ帳を貼っています。手帳に書くまでもない簡単なメモや、仮の予定を書き込むのに便利です。

●付箋の代わりにマスキングテープも!

日程をまたぐ出張やイベントのスケジュールの目印にするととっても便利。剥がすのも楽なので、予定変更になった場合で剥がしたあとの手帳のページもボロボロにはなりません。

マスキングテープの下にくる印刷や、マスキングテープに書いた文字が見えやすいかなども、気をつけて下さい。手帳は実用性の高いアイテムなので、いざ使おうと思ったときに見えづらいようではプチストレスになってしまい、最後まで使い切れません!

●定規のようなデザインも

ノートや手帳などに貼っておけば、長さや大きさを測る簡易的なものさし代わりにもつかえそう。

●しおりもこだわる

好きなブランドの香りを貰われて、手帳や本のしおりにすると香りも一緒に楽しめますよ

1 2