1. まとめトップ

【介護】 高齢者の口腔ケア方法!

人口の三分の一が高齢者の時代。お口のケアが全身の健康にもつながります!ここでは、高齢の方に対する口腔ケアについてまとめてみました。

更新日: 2017年11月17日

zupzupさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 167 view
お気に入り追加

※保湿を忘れずにしましょう!

高齢者の方は、お口の中や唇が渇いてしまっていることが多いです。

そんな時にお口を開けてしまうと、切れて出血してしまったり、痛い思いをして嫌がったりしてしまいます。

なので、お口や唇の状態を見て、始める前に保湿剤で保湿をしてから行うことをお勧めしています。

①口を開けてもらう

簡単に思えてなかなか難しいのが、お口を開けてもらうこと。

私たちだって、口の中を人に見せるって抵抗があります。

でも、お口を開けてもらわなきゃ口腔ケアも始められません。

そんなときは…


本人の気持ちに寄り添って共感してみる。


なんでお口を開けたくないのか相手の気持ちになって考えてみましょう。

初めてで緊張していたりする場合は、いきなり始めるのではなく、

何気ない会話をしてみたり

握手をしてみたり

腕や肩や背中を撫でてみたり

と徐々に慣れてもらいます。

そして、お顔、お口の周りをマッサージしてスキンシップをしたりすると、相手も安心してくれます。

口の周り(頬や唇など)をマッサージし、
筋肉の強ばりをほぐします。


POINT

痛くない程度の力で
マッサージしましょう。

②お口の中をマッサージ

手やお口用のスポンジを使用して、

お口の中のマッサージをしてあげましょう。

マッサージすることで、スキンシップにもなりますし、お口の中が刺激され、筋肉のストレッチになったり、唾液も出やすくなります!

③いよいよ歯磨き!

歯磨きといっても、健康な歯が残ってる方は歯ブラシを使用して、優しく磨いていきますが、そうではない方もたくさん。

その時は、

口腔ティシューや口腔清掃用スポンジ

があります。

※寝たきりの方などは誤嚥性肺炎などの危険に注意し体勢に注意して行ってください。
※寝たきりの場合は横向き
 体を起こせる場合は体の角度をやや前かがみ
 にするといいです。

噛まれないように注意!!

嚙む力が強い方もいるので噛まれないように気を付けましょう。

嫌がってる場合は、無理にすると逆効果です。

少しずつでよいので無理のない範囲から始めていきましょう。

いかがでしたか??

大変なことも多い介護。

お口をきれいにしていくことで、全身の健康にもつながるといわれています。

少しずつお互いの無理にならない範囲でやってみてください。

♡関連まとめ♡

1 2





zupzupさん

自分の好きなものをまとめていきたいと思っています。
よろしくお願いします