1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Pingouinさん

モデル、女優、俳優、アイドル

誰でも一度は夢を見たことがあると思います。
なので今回はオーディションについて書いていこうと思います。

1.応募写真編

自分が魅力的に見える服装にしましょう。
女性であれは短パンなどといった自分の体のラインがわかる服がおすすめです。
自分で撮影するのではなく他の人に撮ってもらってください。
人によってはプロのカメラマンさんに撮っていただく方もいるそうです。
(オーディションによっては多少条件が違うことがあります。
なのでしっかりとどんなオーディションでどんな条件で何をするのか目を通すことを忘れずに!)

2.書類編

たいていのオーディションではオーディション会場で見ていただく前に書類審査があります。
写真・なぜなりたいのか・他の人にはない自分だけの魅力(特技など
この三つは特にしっかりと考えて記入してください

3.書類審査に合格したら 2次審査

次は二次審査です。
歌やダンス・ポージング・特技披露・自己紹介などをします。
正直、芸能事務所によってどんな子を求めているかかなり違います。
なので一概には言えないところがありますが基本的には才能 スタイル(ルックス)実力 です
年齢は若い方が育成がより長い期間出来て仕事も多いのでチャンスはあります。
でもだからと言って若い方しか受からないのかと言われたらそれは違います。
会社によっては即戦力を求めていることもありますしさっきも言ったように一概には言えません

ポイント!

絶対自分は合格するんだという溢れるばかりの自信を持って行きましょう♪
自信は時に魅力になり力となります。
緊張をしてしまって何も出来なくなるより私はいいと思います。

4〜 2次審査で合格が決まることもありますしここから更に審査をする場合もあります。

完璧になってから受けるべきかな... 急に不安になる

誰だって初めてのオーディションは緊張しますし不安になります。
でも一度受けると決めたならもう受けましょう!笑
そもそもどんな芸能人の方だって毎日のように練習をしたり体型をキープするために運動したり勉強をしたり日々何かしらの努力を重ねています。つまり日々成長しようと何かしらの行動をしているわけであって完璧な状態(ゴール)はそこにないと思います。
挑戦しなきゃ道は開けません

審査員の人が怖い...

審査員の人は決して貴方を嫌っているわけではありません。
貴方にどんな適性があるのか才能があるのか伸びしろがあるのかを真剣に見てくれています。
だからこそ、そこで緊張するのではなく貴方がどれだけ魅力的でそのオーディションに合格したいのかを貴方の熱意を一生懸命伝えましょう。

参考になりそうなリンク

1