レモンを丸かじりしているところをイメージしてください、と言うと、全身がキーンと酸っぱい感覚になったりしませんか?

”言葉⇒イメージ⇒現実化”という流れが作られます。

ですので、ポジティブな言葉を話していると、

ポジティブな言葉⇒ポジティブなイメージ⇒ポジティブな現実世界という良い流れができるのに対し、

ネガティブな言葉を話していると、

ネガティブな言葉⇒ネガティブなイメージ⇒ネガティブな現実世界という負のスパイラルに陥ってしまうことになります。

出典https://grong.jp/blog/about-peptalk

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

ペップトーク『先に生まれただけの僕』第5話に出て来たやる気にさせる話し方とは!

「言葉」というのは、子どものやる気を引き出し、前向きな心を育てる上で、とても大きな力を持ちます。まずは、できている部分を「できたね」と評価して、承認することが大切です。それは、会社においても同じこと。そんな声かけの方法がペップトーク

このまとめを見る