1. まとめトップ

Twitter発 面白い話やくだらないエピソード!!

唐突な一言などにクスッとなってしまった時等みなさんもご経験あるでしょう。そんな少しだけ笑えるようなワンシーンを切り取ってまとめてみました~。

更新日: 2017年11月15日

マニーズさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 40431 view
お気に入り追加

おもわず「クスッ」となるような出来事のまとめです。
これを見て少しでも楽しい時間を過ごせたら幸いです。

幼稚園に息子を迎えに行ったら、友達の子が俺を指差し、「ち◯こオジサン!」と言いだしたんだけど、つい調子に乗って「そうです、私がち◯こオジサンです」と答えてたら、次々に子供が集まって「ち◯こオジサン!」「ち◯こオジサン!」の大合唱になったので、調子に乗ったことを死ぬほど反省した。

終電前の駅前で、「帰るの面倒だからお前の部屋泊めろ」と言う先輩と、なんとか断りたい後輩の男二人が喋ってたんだけど、後輩が「散らかってて」「狭いから」と何を言っても引き下がらない先輩だったが、「布団が死ぬほど臭いんです!」の一言で渋々断念していたので、誰かを泊めたくない時はコレで。

公園で80くらいのおじいちゃんと孫がかくれんぼしてたんだけど、おじいちゃんが「もうい〜かい?」と言うと、孫が「もうい〜よ〜」と答えてたのだが、残念ながら耳が遠くて聞こえないらしく、いつまでも「もういい〜かい?」「もうい〜いよ〜」が繰り返されていて、心の中で「悲しい時〜」と叫んだ。

妻「あ、おかえりなさい、あなた」 夫「ただいま」 妻「今日もお疲れ様、料理にする?お風呂掃除にする?それとも…わ・た・し・の肩揉む?」 夫「順に取り掛からせて頂きますのでどうぞ座ってお待ちください」

勇者「なぁ」 戦士「うん?」 勇「俺らが全滅した後ってどうなる?」 戦「気が付くと瀕死で復活してたりするね」 勇「あれさ…誰が運んでくれてんの?」 戦「蘇生が間に合うくらいだから…え…まさか…俺らを倒した魔物が…?」 勇「だよな…俺もう何が悪か分かんねぇよ…」 戦「…」

クッソ遅いエレベーターだなぁって思いながらエレベーターのボタン見たら押してなくて、ずっとその階に留まってたことが判明。 めっちゃ恥ずかしくて「押してなかったです笑」と後ろの人に言ったんだけど、自分ひとりしか乗ってなくて110番して自主する勢いで1階のボタン押した。。

強盗「強盗だ!金を出せ!」 受付「キャーッ!」 強「しずかにしろ!」 受「のび太さんのエッチ!」 強「いいぞ、続けろ」 受「のび太さんのエッチ!」 『昨日の銀行強盗について目撃証言がアニメキャラに酷似。犯人を思い出すと何故かこうなる、と話しており当局は集団催眠も視野に捜査を…

メール『件名:人妻ですが援助希望』 男「詐欺メールだ」 メ『主人は帰りが遅く、殆ど家にいません。正直、欲求不満です。体が疼いて仕方ないです』 男「定番だ」 メ『そこで援助をお願いできないでしょうか。超過した労働時間の是正を求め主人の会社と戦いたいのです』 男「何のメールだこれ」

先生「はい、じゃあ夏休みの宿題だった自由工作を提出してください」 しんじ「貯金箱作りました」 ゆうこ「私はアクセサリーです」 たかし「僕は毎日友達と遊んでました」 先生「じゃあ何も作ってないじゃないの」 たかし「いえ、アリバイを」

爺「(おや、何も掛かっていないのに閉じてしまった罠が…猟師も困るだろう、一度開いて仕掛け直してあげよう)」 その夜ー 『こんばんは、本日罠に掛かっていたところを助けて頂いたとある霊です。霊感のある人が通らず困っていたとこ……あれ?聞こえてないのかな…あの!…あれ、おかしいな…』

女神「あなたが落としたのは金の斧ですか?銀の斧ですか?」 男「一つ気になるのだが」 女神「はい」 男「何故普通の斧から聞かないのだ?」 女神「えっ」 男「金、銀と提示して欲を煽りミスリードを期待する。そこにあるのは悪意ではないのか」 女神「…」 男「自白と受け取る。連れて行け」

「もしもし」 『もしもし、父さん?俺だよ、俺』 「お前か?どうした涙声で」 『俺、俺実はオレオレ詐欺しててさ…かけた先のヤクザに見破られて今日の夜までに金が必要なんだ…俺は監禁されて出られないから友達が代わりに取りに行くから』 「最高にどう判断していいか分からないなこれ」

ボク(バイト休みたい…) ☎︎「プルルル…」 ボク「はい」 店長「昨日、体調悪いって言ってたから心配だったが、今日もバイト来れるよな?」 ボク「熱があるので休みます…」 店長「何度だ?」 ボク「四捨五入して40度あります、」 店長「休め」 ボク(36度だけどな)

1 2





マニーズさん

なんでんかんでん