1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

makaizouさん

911は相変わらず北米市場での人気は高かったものの、顧客数の増大は新たな要求を生み、それに応えるためにはアップデートが必要な時期に来ていた。

外観を大きく変えることが許されなかったため、1989年にデビューした964型は、930型のデザインを踏襲した外観をまとってはいるものの、80%ものパーツを新製するといった手の込んだ手法を採した。

エンジンは内径φ100mm×行程76.4mmで3,600ccに拡大され、圧縮比11.3でツインプラグ化され250馬力/6,100rpm、31.6kgm/4,800rpm。
4WDに対応するためフロアセンターは高くなっているが巧みなボディワークにより見た目は分からない様になっている。

ボディータイプは当初よりクーペ、タルガ、カブリオレの3種が提供された。
特筆される変更点は、パワーステアリング及びABSの搭載、サスペンションをトーションバースプリングからコイルスプリングに変更。
これによりリバウンドでのセット荷重が負荷できるようになり、現代的なハンドリングを得ることに成功した。

NAモデル

カレラ4(1989年発売)
964型になった最初のタイプ。
遊星ギアによるセンターデフを持ち31:69に固定されたフルタイム4WD機構を持つ。
従来のRRの問題点を解決すべく959型で得た技術をフィードバックする形で導入した4WDであり、直進時や旋回時の安定性の向上に貢献している。

カレラ2(1990年発売)
カレラ4を2WDに簡略化したタイプ。
マニュアルシフトモードを持つAT「ティプトロニック」が搭載された。
カレラ4よりも100kg軽い車重を活かし軽快に走ることができる。

カレラRS(1992年限定発売)
カレラ2のボディを補強した上で、後席、エアコン、セントラルロッキングシステム、パワーステアリング、オーディオを省略し、トリム、シート、エンジンフッド、マグネシウム合金製ホイール、フライホイールなどが軽量品に交換されて120kgに及ぶ軽量化を果たした。
エンジンは260馬力/6,100rpm、32kgm/5,000rpm。

RS [260ps] :カレラ2をベースに、260馬力エンジン[+10ps]&軽量1,230kgボディー[-120kg]
 (これが”普通”のRS、2052台)

RS-Turing [260ps]:エアコン付きのRS(希少、上記2052台に含む)

RS-America [260ps]:エアコン付き&快適装備付きのRS[ほぼカレラ2](希少、上記2052台に含む)

RS-Racing [260ps] :通称RSR。RSのレース仕様(292台)

カレラRS3.8(1992年少数生産)
空冷ポルシェ最大の排気量である3.8リットルエンジン(300馬力)を採用。
エアコンレス・オーディオレスなどでカレラ2より120kgの軽量化は「カレラRS」と同一。

カレラRSR3.8
RS3.8のレース仕様

ジュビリー(1993年発売)
カレラ4をベースに ターボルックボディーを換装。
911誕生30周年記念車として日本では約20台が販売された。
ブレーキシステムもターボ3.3に準じるものを装備した。
また、前後のロアアームもターボ用の物が装備されている。

カレラ CUP
CUPレース用車両。265馬力エンジン[+15ps]&超軽量1,120kgボディー[-230kg]

964 ライトウェイト
300馬力近いエンジン[+50ps]&超超軽量1,100kgボディー[-340kg]のカレラ4

ターボモデル

ターボ(1991年発売)
大掛かりなモデルチェンジとなった964型では当初ターボモデルの開発が追いつかず、カレラ2ベースのシャシに930型から流用した3.3リットルのM30エンジンの内、930ターボフラットノーズやターボSに使用されていた320馬力、45.9kgmの物を搭載しデビューした。

ターボ リミテッド
バルブタイミングの変更などにより出力を向上させたM30/69S型を搭載。
内装もウッドパネルなどを装備した豪華仕様。

1 2