1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

今回の視聴率は第1部(19:15~20:55)は35.8%、第2部(21:00~23:45)は39.4%となり、2年ぶりの40%大台割れとなってしまいました。総合司会の内村さんの力量もあり意外と満足度は高いようですが、何故ここまで下がってしまったのか、個人的な偏見も交えて考えていきたいと思います。

ソースは以下より。

第67回(前回)との大きな違い。

2016年の第67回との大きな違い・・・、それは全体的に社会現象的なブームが一切なかったことでしょう。16年は「シン・ゴジラ」「君の名は。」と言った映画のヒットもあり、またそんな「君の名は。」の主題歌を担当したRADWIMPSの出場、そして朝ドラ主題歌を担当したこともあり初出場した宇多田ヒカルへの注目度もかなり高かったかと思います。またKinki Kidsの初出場などもあり初出場組が大いに盛り上がったかと思います。

今回は初出場組のメンツが少々しょぼかった?

今度は初出場組で前回の第67回と比較してみます。()は出場理由。

ー第67回ー
◇RADWIMPS(自身が主題歌を担当した映画「君の名は。」が大ヒット。)
◇RADIO FISH(既に旬は過ぎていたが同年の上半期に「PERFECT HUMAN」がブームに。)
◇桐谷健太(自身が披露していたauのCMの反響より。)
◇Kinki Kids(デビュー20周年を機に初出演)
◇THE YELLOW MONKEY(活動再開もあって初出演)
★PUFFY(デビューして20年を迎えることから初出演)
★欅坂46(「サイレントマジョリティー」がヒット。)
★市川由紀乃(演歌界では期待の若手ということもあり初出演)
★大竹しのぶ(NHKへの貢献枠)
★宇多田ヒカル(朝ドラ「とと姉ちゃん」で主題歌を担当したこともあり初出演)


ー第68回ー
◇Hay!Say!JUMP(デビュー10周年を迎える)
◇竹原ピストル(住友生命CMソング「よー、そこの若いの」でヒット。)
◇三浦大知(仮面ライダーエグゼイド主題歌「EXCITE」がヒット。)
◇WANIMA(auのCMソング「やってみよう!」がヒット。)※披露した楽曲は「ともに」
◇エレファントカシマシ(デビュー30周年を迎える。)
★Little Gleen Monster(幅広い世代から支持を受けている)
★SHISHAMO(NTTドコモのCMソング「明日も」がヒット。)
★丘みどり(演歌化界での期待の若手ということもあり初出演)
★TWICE(TTポーズで若い女性に流行)


こうやって比較してもらっても分かる通り、全体的に前回と比較しても少々ボリュームが少ないのは分かるでしょう。第67回の大竹しのぶはなんで?とも思わなくもないですが、デビュー○周年や、それなりにブームになったのも大きいので話題性にはそれなりに富んでいたでしょう。そして宇多田ヒカル等といった初出場組もありましたからかなり注目度もありました。

一方の第68回。三浦大知やエレカシと言った面々はとても評価が高いですが、その他が全体的にあまり評判がよくない、というかなんで?という人が多いんですよね。特に選考理由が不明確すぎるリトグリに関しては一番謎でしょう。年の最後の最後でドラマ「陸王」で平原綾香の「Jupiter」をカバーしたことでも少々話題となりましたが、ヒット曲も無ければ何故選考されるんだとしか言いようがありません。

ジャニーズ出場枠はやはり多いのか?個人的に言うならば・・・。

ジャニー喜多川社長が進言するというこんな記事もありましたが、当然ヤフコメ民からは「お前の事務所の出場枠が多すぎるからいけないんだ!」等と非難が集中砲火。ここで注目したいのは高齢者層に寄せた演歌歌手ばかりでも良いのだろうか?

夕方にテレ東で演歌番組をやっていれば、高齢者の就寝は早い。

テレビ東京系列が観られない地域の人はなかなかキツいですが、何も紅白歌合戦で「演歌」よりにしなくてもこっちの番組で演歌は存分に楽しめるのではないか?ともいえます。

ぶっちゃけ「嵐」「Hay!Say!JUMP」だけで良かった?

ジャニーズアンチの方ですと当然「全員出すなよ!」という結論にはなるでしょうが、視聴率面を考えれば「嵐」のファンは侮れないですので出さざるを得ない。まぁ「Hay!Say JUMP」も○周年で出ている歌手は多いので今年に関してはまぁあまり責めようはないでしょう。

TOKIOも最近のヒット曲は無いですが「鉄腕DASH!」等で高齢者ウケもいいので世代が幅広いとはいえるので個人的にはどっちでも・・・って感じですけどね。

問題は「Sexy Zone」「関ジャニ∞」ですかね。正直大したヒット曲も無ければ何故毎年出られているんだ?という疑問を持っている人も多いはず。どうやらセクシーゾーンは喜多川社長のお気に入りらしいですがこれは確かにアカンですね。

1