1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

役所広司から吉永小百合まで!「埼玉」が舞台の名作映画5選

11月14日が「県民の日」の埼玉。観光イメージは薄いが、実は数々の名作映画の舞台。吉永小百合の出世作「キューポラのある街」(川口)、緒形拳主演「鬼畜」(川越)、ハリウッドでもリメイク「Shall we ダンス?」(所沢)、時代劇「のぼうの城」(行田)、「心が叫びたがってるんだ。」(秩父&横瀬)。

更新日: 2017年11月17日

aku1215さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 9342 view
お気に入り追加

大女優・吉永小百合の出世作にして代表作

◆『キューポラのある街』(1962)

監督:浦山桐郎
脚本:今村昌平、浦山桐郎
原作:早船ちよ
出演:吉永小百合、東野英治郎、浜田光夫

鋳物の町として有名な埼玉県川口市。この街にはキューポラという煙突が立ち並ぶ。昔カタギの職人の町にも時代の波が押し寄せる。旧来型の鋳物職人であるジュンの父は、働いていた工場が大工場に買収されたことからクビになってしまう。

困窮に苦しむ一家だったが、ジュンはそんな境遇の中でも、自分の進路について一生懸命考え、パチンコ屋でバイトしながらも高校進学の学費を稼ごうとがんばる……。

早船ちよの原作を「豚と軍艦」の今村昌平と、その門下にあった浦山桐郎が共同で脚色、監督した社会ドラマ。

ヒロインの吉永小百合は当時18歳という若さで史上最年少のブルーリボン賞主演女優賞を受賞。ちなみに“キューポラ”とは、鋳物を溶かす小さな溶鉱炉のことである。

高度経済成長で浮かれる当時の日本の裏面をそこはかとなく活写した作品として、社会風俗的な歴史資料価値も高い。

毎日、荒川を渡って通勤している。荒川手前の川口市は吉永小百合出演の映画「キューポラのある街」のロケ地。映画のなかの川口駅の面影はもうないが、小百合が、新潟行きの列車を見送った陸橋はまだ残っている。

吉永小百合さんが若い頃に主演した『キューポラのある街』という映画が好きで、確か日本シナリオ大系(名画のシナリオが収録されている)に掲載されていたので昔、書き写しした事ある。脚本も映像も素晴らしい傑作なのだけど、ヒロインが魅力的である事が不可欠な作品でもあった。

川口と言えば「キューポラのある街」。当然DVD借りて観たが当時の貧困層の生活状況が結構リアルに描かれてたりいい映画だ。労働運動や北朝鮮帰還事業に肯定的な所が批判されもするが、そういう事を含めて昭和30年代だなあとしみじみ。三丁目の夕日もいいけどこっちはガチ。

岩下志麻と小川真由美が怖すぎる傑作

◆『鬼畜』(1978)

監督:野村芳太郎
脚本:井手雅人
原作:松本清張
出演:岩下志麻、緒形拳、小川真由美

印刷屋を営む竹下宗吉と妻のお梅。ある日、宗吉の愛人が3人の隠し子を宗吉に押し付けて失踪した。妻のお梅は子どもたちに辛く当たり、やがて、末っ子の赤ん坊が不慮の事故で死んでしまう。

お梅が故意に仕組んだと察した宗吉は残る2人も何とかしなければと追い詰められて行き……。

気の弱い男がある日、3人の隠し子を押し付けられ、動転して親とは思えない行動に出てしまうさまを描いたサスペンス・タッチの人間ドラマ。

松本清張が知り合いの検事から聞いた事実を元に書き下ろしたという短編を映画化。

舞台となった印刷所のある場所が、古くからの町並みを今に残す小江戸―川越である。

埼玉県川越市

在りし日の川越ピープルランドをご覧になりたい方は、映画「鬼畜」をチェックしてみてください。昭和50年代の東武東上線や、懐かしい川越の街並みも涙モノですよ! amazon.co.jp/dp/B009YDAEXM/…

『鬼畜』鑑賞なう♪ 岩下志麻、最高傑作(笑) 夫役の緒形拳にガチビンタ、赤ん坊の口に無理矢理おにぎり入れるシーンはもはや神の域♪ 愛人役の小川真由美とのガチ喧嘩の迫力パネェ( ; ゜Д゜) pic.twitter.com/LZyf8CQlbL

『鬼畜』ガッチャマンを歌う少年の始まりから、小川真由美と岩下志麻に挟まれた緒方拳の修羅場が凄い。サスペンス映画の傑作だと思う。怖すぎて、極妻どころじゃない岩下志麻。小川真由美も最初のシーンだけなのに存在感がある。その間に挟まれた緒方拳の演技もいい。気弱な男子は観ちゃいけない映画。

周防正行監督の最大のヒット作 のちにハリウッドでリメイク

◆『Shall we ダンス?』(1996)

監督:周防正行
脚本:周防正行
出演:役所広司、草刈民代、竹中直人、田口浩正

平凡な家庭を持ち、単調な毎日を送るサラリーマン杉山は、ある日電車の中から、ビルの窓際にたたずむ美女を目にする。杉山は彼女に会いたい気持ちを抑えられず、彼女のいた場所へ向かう。

が、そこは杉山にはまったく縁のない社交ダンス教室だった。勇気を出して教室に足を踏み入れた杉山を待っていたのはあの美女と個性豊かな生徒たちだった……。

「シコふんじゃった。」の周防正行監督のハートフル・コメディ。主演に役所広司を迎え、平凡なサラリーマンが社交ダンスと出会って生きる喜びを見出す姿を描く。

1 2





記憶の中で生きてゆける