1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

ttttomooooさん

お菓子のポルテが製造中止になりました・・・

製造終了の理由について、明治広報部は「当社では現在、構造改革として菓子分野に限らず商品の“選択と集中”に力を入れており、その一環です」と回答。

「ポルテ」は1995年10月に発売した、サクサク食感のビスケットの上にホイップクリームを載せチョコレートでコーティングした洋菓子ショコラ。

明治の冬季限定チョコ菓子「ポルテ」が、2017年1月をもって製造を終了していたことが分かりました。

密かに製造中止になっていたお菓子は他にも・・・

サイコロキャラメル

1927年に販売されはじめて以来、明治とともに長い歴史を歩んできており、パッケージの「1の目」は同社の社章でもあった。

その名のとおり、サイコロの目をデザインした箱に、二粒づつキャラメルが入った明治の商品。発売以来古くから愛され続けてきましたが2016年3月に販売を終了しました。

ぬ~ぼ~

森永製菓のスナック菓子で、同社技術によりチョコに空気を含ませて軽い食感を出しています。1996年に販売が終了しました。

実は、あのキャラだけは2008年に復活していたのをご存じでしょうか。「ぬ~ぼ~なこころ」というウェブサイトが開設され、グッズが発売されたり、アニメが配信されたり、“ゆるキャラ”として今でも人々に安らぎを与えるべく活動しているようです。

ポポロン

明治のシュースナックで、こんがり焼き上げた一口サイズのシューになめらかなクリームが入っています。

チューペット

1975年に販売を開始してから、チューペットは夏の定番お菓子として広く親しまれてきた。冷凍庫で凍らせておくと、食べるときに半分にポキンと折ることができ、その切れ端から中身を食べていた人も少なくないだろう。ただそんなチューペットも、2009年5月に生産工程上の不具合が発覚したことを機に販売を終了している。

ダブルソーダ

「ダブルソーダ」は、1965年に発売の「ソーダアイス」を前身として1983年に発売されたアイス。木の持ち手が2つ付いており、真ん中から割ることができるのが最大の特徴

1