1. まとめトップ

座間の遺棄事件『もうひとりの被害者』

座間で起こった9人殺害の恐ろしい事件、お亡くなりになった方のほかに、事件の起こった不動産を所有するオーナーもまた事件の被害者ではないだろうか。

更新日: 2017年11月14日

0 お気に入り 1879 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

asdf2020さん

事件にあった建物を所有する家主

アパートのオーナー井上真吾さんは、想像を絶する出来事に「頭の中が真っ白になり、ぞっとした」と事件発覚時を振り返った。

販売価格:4480万円
表面利回り:7.2%
想定年収:322.6万円
築年数:1988年2月(築30年)

例の座間事件のアパート大家はWBO世界スーパーフライ級チャンピオン井上尚弥の父・真吾氏の所有物件なんだね。偉い迷惑されたもんだな。 前にも一人亡くなっている事故物件だったらしいけど、完璧な傷物物件にされてしまったんだなぁ〜

事件発覚当初から、アパートの大家に同情する意見が見られていたが、まさか井上真吾トレーナーだったとは……。 / “はてなブックマーク - 神奈川 座間のアパートで9人の遺体 20代男逮捕へ | NHKニュース” htn.to/iLL3yFHitmn #事件 #ボクシング

そういえば、例の座間事件の現場アパートって、井上尚弥の父、真吾トレーナーが大家だったのね。わりと新しい建物でロフトもついてるのに、家賃1万9千円で敷金礼金ゼロ、という慈善事業みたいな物件だったそうな。

神奈川県の9人遺体事件のアパートのオーナーが井上尚弥の父の真吾さんとか、衝撃的すぎやろ、、

事件の一報で現場が座間って出た瞬間井上尚弥の地元じゃん!と思ったけどまさか真吾さんがオーナーだとは。

マジか?偶然すぎるだろ・・・ お気の毒。 白石隆浩のアパートの大家は井上尚弥の父(真吾)と判明! https://t.co/m3XgdIb80l pic.twitter.com/nWTgvwrXXE

幸いなことに、住み続けたいという意見も

「住み続けたい」「事件後、退去に関する連絡は一切入っていません。逆に入居者さんから『出ていかないといけないんですか?』『住み続けていいんだよね?』

12部屋あるうち、10部屋が入居済みで、住人から継続居住の希望があることから、アパートの運営は続けていくという。警察の捜査が終わった段階で「被害者の方へ供養の意味を込めておはらいをしたい」と話した。

1