1. まとめトップ

2017年版【絶対外せない】シンガポールおすすめ定番観光スポット ベスト5

短い旅行スケジュールの中でも絶対に外して欲しくない観光スポットを激選しました。効率よく楽しむための裏技もご紹介します!

更新日: 2017年11月15日

dongurimamaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 1750 view
お気に入り追加

【第5位】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのナイトショー

OCBCガーデン・ラプソディー(OCBC Garden Rhapsofy)

子どもから大人まで誰もが楽しめる幻想的なナイトショー。様々なジャンルの曲に合わせて、スーパーツリーグローグがライトアップされる。赤、緑、青、紫・・・様々な色に変化しながら繰り広げられるショーは、これまでに見たことのないような美しさで必見!

実物には、写真だけでは絶対に感じることのできない美しさがあります。ぜひ足を運んで!
開催時間は変更されることがありますので最新情報のチェックをお薦めします。

★開始15分前には、ベストスポットを求める観光客で列が出来ているので、それより早めの場所取りがおすすめ!

【参考情報】所要時間10分 19:45~、20:45~

ガーデンバイザベイのショーのゴルディアス結晶みになんか泣きそうになるマン pic.twitter.com/7Ogyz9Xeni

そういえば日曜日ローカルメンバーとガーデンバイザベイに行ってきたヽ(^o^)丿異世界やな! pic.twitter.com/oggJZ9U5DP

【第4位】スカイライン・リュージュ・セントーサ

世界に数か所しかないリュージュサーキットが、ここシンガポールに!

2つのコースを自由に滑り降ります。ドキドキするほどのスピード感も味わえます!もちろん、ゆっくりと友人や家族と、景色を見ながら滑り降りるのもオススメ!

子どもも一人で乗車できるので(身長制限あり)、家族全員で楽しめます。
滑り終わったら、スキー場のリフトのような4人乗りのスカイライドに乗って、リュージュのスタート地点に戻れます。

何度も乗りたくなってしまうので、ファミリーチケットを みんなで分配するのがオススメ!

【第3位】ユニバーサルスタジオ シンガポール

7つのゾーンに24ものアトラクションが揃った大人気テーマパーク。
日本にはないアトラクションもあり、ぜひ訪れたいスポットだ。

★USSのコツ1★
朝イチは、入場待ちの列が。時間制限がある旅行者は、入場口で配布される当日のステージショーの時間をチェックしながら、優先順位を考えて楽しむ必要アリ。

★USSのコツ2★
平日の場合は、日中待ち時間2時間のアトラクションも、夕方には10分待ちで楽しめることも!(保証はできませんが・・・(^-^;。一番最近に私が訪れた金曜日。日中は90分待ちだったリベンジオブマミーと、2つのジェットコースターが17時は なんとたった5分待ちでした!)

★USSのコツ3★
東京ディズニーランドのように、入場口にお土産ショップは並んでいますが、パーク内すべての商品が、入場口のショップに集められているわけではありません。「絶対欲しいグッズ」は、見つけた時に買って置くのがオススメ。

★USSのコツ4★
とにかく団体客が多いのが特徴のUSS。ランチタイムのレストランは、座席を探すのが大変です!少し時間をずらしての食事がおすすめ。(でも、ショータイムは見逃さないように)

ユニバーサルスタジオシンガポール、雷雨予報が1日晴れてくれてめっちゃ暑かったけど、空いてるしいっぱい楽しんだ!!エジプトのマミーのエリアが一番好きです。 #USS #USJ pic.twitter.com/lJYIcRcyhV

ユニバーサルスタジオシンガポールに行って来ました アトラクション待ち時間全然なくて全部15分くらいで乗れました pic.twitter.com/HvmrecTevv

【第2位】ナイトサファリ

いかに効率よく回るかがポイントとなるナイトサファリ。
サファリオープンと同時に入場し、インターナショナルトラムの予約をすることがポイントです!

ナイトサファリでライオンとトラが見られて幸せ かわいい

【第1位】マーライオンパーク

混雑してるとか、思ったよりも小さいとか言われても、絶対に外せないのが、マーライオンパーク。
いかに、他の観光客を写真に入りこませずに撮影するかがポイントに。
夜もライトアップされて、美しい姿を見せてくれますよ!

いかに、ユニークな写真を撮るかが、最近のトレンドらしい

【まとめ】事前の情報収集がポイント

シンガポール旅行は、3泊4日などの短期で組まれていることが多いので、効率的に楽しむためにも事前にネットチェックをして100%楽しめるように計画してくださいね!
よい旅を!

1