1. まとめトップ

沖縄といえば?

沖縄旅行の一番の魅力はなんでしょうか??
それはやはり、海の美しさです♪

泳ぐにしろ、ビーチを散策するにしろ、最高の沖縄の思い出を作るために必ず以下をチェックして観光の予定を立てる事をオススメします!

【重要】潮位を確認しよう

【干潮時のデメリット(満潮時のメリット)】

沖縄に限った話ではありませんが、海を見るなら満潮に近い時間がオススメです。
時間によって、2m以上も水深が変わってくる日もあります。

下の写真は、沖縄中部の人気観光地の北谷町の干潮時です。

青い綺麗な海を見たいなら大潮の干潮は避けた方が良いですね。

さらに、
海水浴でも干潮時は注意が必要です。
次の写真を見て下さい。

これも北谷町。
サンセットビーチ、干潮時の写真です。

めちゃくちゃ浅いのがわかりますか?
とても泳ぐどころではありません。

沖縄の有名ビーチ(ほぼ人口ビーチ)は遠浅の所が多く、ネット内は下手すると膝下までしか水が無い!なんてことも起こります。

【干潮時のメリット(満潮時のデメリット)】

干潮って最悪じゃん(>_<)
って思ってしまったかもしれませんが、干潮にも様々なメリットがあります。

例えば、磯遊びには最適だったりします♪

上の写真は美ら海水族館近くの備瀬崎という有名な磯遊び、シュノーケルスポットです。

干潮時は大きな潮だまりができ、磯の生き物を観察したり、安全にシュノーケルを楽しめるエリアとなります。

同じ備瀬崎でも、満潮時は潮流が速く海に入るのは危険が伴ったりします。

また、大人は物足りなくても、お子さんがいる場合は浅いビーチは安全でオススメです♪

シュノーケルも干潮に近い時間がオススメです♪

珊瑚や綺麗な熱帯魚が間近で見れ、海の中が明るく見えます。
初心者にとって、すぐ足がつく深さの場所だというのも重要です。

おまけ

綺麗な海を見る為に、時間帯も重要です。

青い海は日が出てる内ならいつでも見れる訳ではありません。
午前中から夕方前までなら東海岸側、昼前からサンセットまでなら西海岸側がオススメです。

1