ニュースで見なくなったゲス極・川谷絵音の「いま」

世間を大きく騒がせた「ゲス極・川谷絵音」が復活。そのマルチな活動っぷりが話題になっています。

更新日: 2017年11月28日

12 お気に入り 72685 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

実は最近、盛んに活動してて

11月30日のZepp Osakaまで週3ペースでライブを開催。

川谷絵音バースデーにライブイベント「エノンの日」 natalie.mu/music/news/253… pic.twitter.com/gamSP2agyY

自身の誕生日12月3日には、ライブイベントを開催。

12月23日には沖縄・ナムラホールでライブイベント「絵音の誕生日から20日たったぜ▽Go!Go!Go!」を開催する

さらに活動は、ゲス極だけに留まらず

このあと25時からindigo la End「鐘泣く命」がオープニングテーマ、そしてわたくし川谷絵音が劇中音楽を担当したドラマ『ぼくは麻理のなか』の地上波放送が始まるよー!音楽も内容も良いので見てほしいです。 pic.twitter.com/nmlXAijVzS

ドラマの劇中歌を担当し、OPをindigo la Endが担当。

休日課長率いるDADARAY 川谷絵音作詞作曲の「少しでいいから殴らせて」MV公開 billboard-japan.com/d_news/detail/… pic.twitter.com/CEKSWtHx7N

休日課長のユニットには楽曲提供。

川谷絵音&休日課長、ボカロPユニット“学生気分”結成 映像はCGデザイナーのレオルが担当 realsound.jp/2017/05/post-7… pic.twitter.com/emOuNHGDIx

ボカロPプロジェクトも発足。

【新バンド結成!!】 小籔さん、くっきーさん、イッキュウ、新垣さんに加えて僕もギターで加わり新バンド「ジェニーハイ」結成しました!!また増えて3バンド掛け持ちですが頑張ります!! pic.twitter.com/FVxHtg5af0

テレビ企画では新バンドをプロデュース。

・ゲスの極み乙女。
・indigo la End
・DADALAY
・学生気分
・ジェニーハイ

事件前の川谷氏の世間評は「2つもバンドを持っててすごい手が動く人」だったのが、一気に5

一時は毎週MVをリリース。MV撮るのだって楽じゃないだろうにゲスで3本。インディゴで4本。普通のバンドの2年分ぐらいを一気にリリース

楽曲の評判がめっちゃ良い

川谷のキャリアの中でも最も重要な1枚であることは間違いないし、日本の音楽シーンにも一石を投じるほどの傑作

『想いきり』『みせかけのラブソング』など、爽やかさや美しさの中に息苦しさが垣間見られる楽曲が多い。聴き込む価値のある音と歌詞。川谷絵音を食わず嫌いせず、まっさらな気持ちで聴いて欲しい

リスナーからも軒並み好評で…

インディゴの新しいアルバムが良かった。この人達の凄い所って演奏的には相当複雑で高度な技術なのにそれを自然とサラッとスマートに見せつける感じじゃないのが凄いてか好き。歌詞も良くも悪くも修羅場を経験しまくった川谷絵音しか書けない詩を綴ってる。#CryingEndRoll

indigo la End「Crying End Roll」全曲ダイジェスト

その裏には川谷絵音のこんな想いが!?

「ポリティカルなことを書きたいわけではないし。本当に自分がそう思ったら書くかもしれないけど、ウソは歌えないですから。人生が変われば曲も変わるし、そこは身を任せてますね」

「『恋愛系』って言うと、その言葉がダサいけど、結局僕たちは、人と人との関わり合いのなかで生きていて、そのなかで人のことを好きになったり、嫌いになったりするってだけだから、ミニマムな意味ではやっぱりそこがテーマになるのかな。一人で生きてるわけじゃないですから」

弱った時にこそ音楽聴きたいよね。そして弱い人の作った音楽は強いんだ。

1