1. まとめトップ

買収!!【REGZA】Hisense・ハイセンスへ Fan涙目!!どうなるの!!

あの人気テレビブランド『REGZA』の東芝映像ソリューションの発行済み株式の95%を中国ハイセンスグループに譲渡することを決定した。譲渡額は129億円。お茶の間からマニアの個室まで盛り上がるテレビだったので今後の動向が気になります!!

更新日: 2019年11月27日

1 お気に入り 8701 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

surfinboaさん

▼お茶の間からマニアの個室まで盛り上がるテレビだったので今後の動向が気になります!!

【東芝テレビを買収、ハイセンスはグローバル展開を加速】

\お知らせ/ 【東芝テレビを買収、ハイセンスはグローバル展開を加速】 HPにて新しいお知らせを公開致しました。 hisense.co.jp/news/3287-2/ #Hisense #ハイセンス

買収の理由については、「142年の歴史をもつ東芝が技術の分野、日本ひいては世界の科学技術の潮流を牽引している。東芝は世界の科学技術ブランド価値において非常に優位な立場に立っている。2016年、東芝はテレビの販売量において依然として日本市場のTOP3。TVS社は主に東芝テレビとその周辺機器(業務用ディスプレイと広告ディスプレイを含む)を販売している。そして、日本国内において優秀な研究開発チームを持ち、テレビの画質・チップ・音響等の分野において豊富なノウハウが蓄積されている」と説明している。

▼REGZA販売会社を独自で立ち上げるようです。

▼シャープがハイセンスに・・・

ハイセンスの「打倒サムスン」の切り札となるのは、自前の液晶や有機ELパネルの開発・生産だろう。シャープは、画質や低消費電力に優れた「IGZO(イグゾー)」や自由な形状で量産ができる特殊ディスプレーなど、技術を持つ。これが、ハイセンスがシャープ買収に動くのではないかとみられる理由だ。

「シャープで優位性のある技術は吸収し尽くした、もう必要はない」。鴻海精密工業には、こうした空気が充満しているそうです。 アップル「iPhone」依存から脱却すべく、鴻海は中国スマホメーカーに接近中。そんな中国企業に、シャープを「嫁入り」させることも・・・。 sentaku.co.jp/articles/view/…

▼ハイセンスってシャープとトラブってるの!

2016年からハイセンスに譲渡した北米テレビ事業に関し、低品質の製品を販売して評判を落としたなどとして、シャープブランドの使用差し止めと損害賠償を求めている。

 シャープはハイセンスとの間で、16年から5年間のシャープブランドの使用を認める契約を交わしている。しかし、シャープは同年8月に台湾・鴻海精密工業の傘下に入ってから、テレビ事業を再拡大する方針に転換。北米テレビ事業も買い戻しを目指してハイセンスと交渉していたが、難航していた。17年4月にハイセンスに対し、契約の打ち切りを通告したという。

今年6月、ハイセンスに低品質の製品をアクオスブランドで販売するのをやめるよう、商標の使用差し止めや損害賠償を求めて提訴した。7月にはハイセンスが米国で販売しているテレビがシャープの特許を侵害しているとして、製品の製造・販売の差し止めや損害賠償を求める訴訟を起こしている。

▼REGZAの行く末が心配

▼芸能人のFanも多いREGZA

▼Twitterみんなの意見

買収って、本当のことかもしれませんが日本人の感覚からしたらストレート過ぎてあまり良い印象は無いと思いますよ。REGZA・Fanは多いからね! twitter.com/hisense_japan/…

「レグザ」のブランドは継続する。三沢市にある工場の従業員らの雇用や処遇は一定期間維持されると説明している。 東芝がテレビ撤退、子会社を売却 中国家電大手のハイセンスに | 2017/11/14 - 共同通信 47NEWS this.kiji.is/30307190406252…

ハイセンスの4Kテレビ レグザエンジン搭載! とか書いてあって、またジェネリック レグザ? と思ったら、本物だった。 東芝のTV事業はハイセンスに売却されていたのであった

東芝エンジン搭載モデルはコストパフォーマンス抜群だからなあ ハイセンス、日本でソニー・パナを追い抜く。テレビ販売台数ナンバー2に smhn.info/201904-hisense… @sm_hnから

1 2