1. まとめトップ

この時期に注意したい寒暖差アレルギーとは?

最近肌がかゆかったりしませんか?もしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。

更新日: 2017年11月23日

1 お気に入り 864 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

unaunacatさん

冬の肌のかゆみ、寒暖差アレルギーではないでしょうか?

近日、寒さが続いていますよね。

この時期に気を付けたいのが、寒暖差アレルギーです。

寒暖差アレルギーは、医学的には「血管運動性鼻炎」と診断されることがあります。

主な症状は「鼻水・鼻づまりなどで鼻がムズムズする」「くしゃみが出る」「じんましんが出る」「イライラなどストレスを感じる」「食欲減退や胃腸の不振」などが挙げられます。気温差が激しい秋は、服装の調節も難しく、上記のような症状が出たら風邪をひいたと思いがち。でも、もしかしたら寒暖差アレルギーの症状かもしれないと、疑うことも必要です。寒暖差アレルギーはその名の通り、昨日までは気温が高かったのに、翌日に急に冷え込んだなど、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。

気温差が特に大きく、乾燥しがちなこの季節。なんか痒いなぁと思っている人も多いのではないでしょうか?その原因、実は寒暖差アレルギーかもしれません。7度以上の温度差があると自律神経の乱れが引き起こされて、寒暖差アレルギーが発症しやすくなってしまうようです。

アレルギーなのか疲れなのかわかんないんだけど肌がすごいかゆいかぶれる私そのうちゾンビにでもなんのか

今、蕁麻疹の原因を調べて分かった 俺、、、 寒暖差アレルギーや…… 寒冷蕁麻疹も、季節の変わり目にだけ出るアレルギー症状も、これで全て説明がつく

この時期の寒暖差アレルギーがキツい。 風呂上がりや出勤後はくしゃみが止まらなくなり 客前で鼻がガビガビになる。

すごい忘れてたけど私寒暖差アレルギーかもしれないんだった← お風呂入ったあと体に蕁麻疹出るなぁと思ってたけど、冬だから……?もうアレルギー検査受けよ(真顔)

Twitter上でも、沢山の人がかゆみや寒暖差アレルギーについてツイートしています。今肌がかゆいなと悩んでいるあなたももしかしたら寒暖差アレルギーかもしれません。

寒暖差アレルギーへの対策は!?

寒暖差アレルギー、アレルギーとは言いますが、花粉やハウスダストといったアレルゲンやウイルスによって引き起こされているものではなく、自律神経の乱れが原因です。ですからこれといった治療法はなく、大切なのは自律神経の乱れを正すことです。自律神経を正すにはどのようなことが効果があるのでしょうか?

対策その1 寒暖差を少なくする

急激な温度変化があると寒暖差アレルギーは発症しやすいです。ですから、マスクやマフラー、外では上着を羽織って室内では脱いだりして温度調節を心がけるようにしましょう!
特にマスク冷たい空気を吸うことになるのを防げるのでオススメです!風邪予防にも役立つのでマスクは冬のマストアイテムと言えます!最近ではメイクが落ちにくいマスクも登場しているので女性の方でも使いやすいですね!

対策その2 体力をつける

寒暖差アレルギーになりやすいのは、筋肉量の少ない高齢者や女性と言われています。毎日できる簡単な運動やウォーキングなどを意識的に取り入れて、基礎代謝をあげていきましょう。

筋肉力の少ない人や、代謝が低い人は寒暖差アレルギーになりやすいと言われています。ですので、毎日ウォーキングしたりするなど意識的に運動を行い、基礎代謝を高めるだけでも対策となります!

対策その3 食生活を正し、体が温まる食べ物を

自律神経の乱れには正しい食生活は大切です。エネルギー源となるタンパク質やビタミン・ミネラルの摂取をしっかりとしましょう!ショウガやネギなど体が温まりやすい食べ物を取り入れていくともっと良いですね!

手軽に作れるショウガスープは手軽に体を温めるのに最適です!

冬といったらやっぱり鍋です!体を温めるのに良い野菜をたくさん入れて鍋を美味しく食べましょう!

1