1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

nomado-kimocさん

KUBOのコスプレに挑戦したのんさん

のんが、11月21日発売の『映画秘宝 2018年1月号』の連載「ヒーローになりたい!」で映画『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』の主人公クボに変身している。

9月に発売された『映画秘宝 2017年11月号』からスタートした連載「ヒーローになりたい!」。

これまで映画の『ワンダーウーマン』のワンダーウーマンなどになりきってきたのんが、今回は『KUBO』の主人公クボに挑戦した。

のん(能年玲奈)のコスチュームプレイ、すんごく好き。女性キャラもいいけど少年キャラがとてもよく似合う。映画秘宝、もっとやれください。そういえば、彼女が独自に披露した一人六役のおそ松さんのコスプレはお見事すぎて最高だった #のんtwitter.com/i/web/status/9…

のんさん(能年玲奈さん)のKUBOのコスプレめっちゃ素敵なんだが、彼女は神木隆之介くんぽくも見えるんだよな 2人とも男くさくなく女くさくないとこ似てる気がする

能年ちゃんおそ松コスプレもなんか凄い本気だったしこういうの好き…

のんさんのコメントでは

「『KUBO』めっちゃ面白かったです! 主人公が弾く三味線がすごくカッコいい。三味線の音色が物語のなかに自然に溶け込んでいくのが心地よくて楽しかったです。そして“日本のアニメみたい”といわれる理由もよくわかりました。

ストーリー展開も、この映画が大事にしている“人の想い出が一番強いんだ”というテーマ性も、日本のアニメと通じる部分が沢山ありました。日本の折り紙や、クワガタ、サルのキャラクターの面白さなど、ジャパニーズかわいいが満載!」と熱く語るロングインタビューも掲載される。

11月22日にリリースとなる、のんのデビューシングル「スーパーヒーローになりたい」のメイキングインタビューも載っている。

ちなみに映画KUBO/クボ 二本の弦の秘密とは

『コララインとボタンの魔女 3D』などを手掛けたアニメーションスタジオのLAIKA制作によるストップモーションアニメ。

日本を舞台に、魔法の三味線と折り紙を操る片目の少年が出自の秘密を探るべく、壮大な冒険を繰り広げる。

製作・監督は『トランスフォーマー』のスピンオフ『バンブルビー』も控える、トラヴィス・ナイト。

声優陣は主人公・クボをアート・パーキンソン、クボと共に旅をするニホンザルはシャーリーズ・セロン、クワガタはマシュー・マコノヒーなど、錚々たる顔ぶれが揃う。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」、完全にやられた。シンプルな少年の冒険譚であるはずなのに、そこに乗っかってくる感情が多すぎて、涙の連続。

映画「KUBO クボ 二本の弦の秘密」鑑賞 病弱な母と何かから隠れるように暮らすクボ。折り紙を操る不思議な力で語り部として生計を立てていたが、母らか日が沈む前に帰るとの約束を破り、邪悪な力に見つかってしまう。 素晴らしいお伽話。ス… twitter.com/i/web/status/9…

『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』賞賛したい点が無数にあるのだが、キャラで1人挙げるのなら「サル」が素敵。この面構えでサバイバーで戦士で母親的存在という女傑。かっこいいおばさんキャラ好きな人なら間違いなくハマるので是非。 pic.twitter.com/HulYgONeAC

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」映像きれいでうっとり。ユーモアあって感動的なストーリー。日本に関係するものが色々出てきて楽しかった。戦闘シーンの奇想天外さがすごい。

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」、描かれる日本の描写に全く違和感がなくてすごいなーって思ったんだけど、ぜひ有識者の感想を聞いてみたい

1 2