1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

■海外を制した怪物

ロードカナロア

タイキシャトル

■日本の誇るマイラー タイキシャトル(JRA)
http://www.jra.go.jp/150th/rp/02.html

マイルチャンピオンシップ連覇を果たした1998年、短距離馬として初めて年度代表馬となり、スプリンター、マイラーの地位向上に大きく貢献した。

■2000年以降

ストレイトガール

ヴィクトリアマイルでは前年の勝ち時計を0秒4上回る1分31秒5のレースレコードで圧勝。7歳牝馬のG1勝利は史上初で、短距離女王の底力を見せつけた。

デュランダル

4歳秋に本格化を果たし、2003年のスプリンターズSでは直線で10頭以上をごぼう抜きにして重賞初制覇をGIで飾ると、続くマイルチャンピオンシップでも先行集団を一気に交わしてGI連勝を果たした

スプリンターズステークス一覧
http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/sprint/index.html
マイルチャンピオンシップ一覧
http://jra.jp/datafile/seiseki/g1/mile/index.html

ブラックホーク

■1980~1990年代

ニシノフラワー

デイリー杯3歳S(現2歳S)は3馬身半の楽勝。暮れの阪神3歳牝馬S(現阪神ジュベナイルフィリーズ)も勝利して、4連勝でGIのタイトルを手にしたニシノフラワーは、満票で最優秀3歳(現2歳)牝馬に選ばれた。

ダイイチルビー

バンブーメモリー

1分7秒8という日本レコードを叩き出しての1着。この勝利によりバンブーメモリーは、G1スプリンターズSの初代覇者になるとともに、2年連続となるJRA賞最優秀スプリンターのタイトルも手にしたのであった。

関連まとめ

1