1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

AC/DCマルコム・ヤング逝く世界中に悲しみが広がる

ロックバンド「AC/DC」のギタリストマルコム・ヤング氏が死去

更新日: 2017年11月19日

8 お気に入り 18030 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

AC/DC マルコム・ヤング逝く

【訃報】「AC/DC」ギタリスト、マルコム・ヤング氏が死去 64歳 news.livedoor.com/article/detail… 先月23日には兄でプロデューサーだったジョージ氏が死去。弟のアンガスら家族に見守られて亡くなったという。 pic.twitter.com/OGi8nr8b8Z

オーストラリアのロックバンド「AC/DC」のギタリストであるマルコム・ヤング氏が18日死去した。64歳。

バンドの公式サイトやフェイスブックなどで明らかにされた。死亡の場所や死因は明らかにされていない。

公式サイトによるとマルコム氏はアンガスら家族に見守られて亡くなったという。

マルコム・ヤング氏の軌跡

53年1月、英スコットランド生まれ。家族でオーストラリアに移住し、73年に弟らと共に「AC/DC」を結成。

1974年に、彼らは初代ヴォーカリストのデイヴ・エヴァンスと共に世界ツアーを行う。

オーストラリアのヒットチャート1位を獲得。’76年には米国アトランティックレコードと契約を交わしてアルバム「悪事と地獄」を発表

「バック・イン・ブラック」「悪魔の招待状」などが世界的にヒット

爆発的な人気を呼び、全世界で4000万枚以上を売り上げる大ヒットとなった。以後もメンバーチェンジを繰り返しながらもコンスタントに作品を発表し、’90年の「レイザーズ・エッジ」が全英4位、全米2位にランクインするなど名実共にナンバーワンのハードロックバンドの座に君臨

Rolling Stone誌が選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティストの72位にも選出。

アルバム・セールスは全世界で1億5000万枚を超える。

『スクール・オブ・ロック』や『バトルシップ』など数々の映画にも楽曲の提供を行っていた中、2014年4月にマルコムさんが脳卒中で倒れたことが報じられる。

2014年4月、AC/DCはマルコムが休養すると告知。後に、今後バンドへ復帰することはないと発表した。ほどなくしてマルコムが認知症を患っていると報道され、家族もそれを認めた

・兄でプロデューサーだったジョージ氏が10月に死去

オーストラリアのメディアなどによると、23日までに死去、70歳。死因や死亡場所は不明。

46年11月、英スコットランドで生まれ、オーストラリアに移住。60年代に「オーストラリアのビートルズ」とも呼ばれたバンド「イージービーツ」のギタリストとして活躍。

イージービーツのメンバーとして1960年代に活躍し、後に1976年の『High Voltage』と1977年の『Let There Be Rock』と、AC/DC初期のアルバムをプロデュースした。

認知症で2014年に引退するまで、1973年の結成以来AC/DCを牽引

グレッチと1959マーシャルによる極上なオーバードライブサウンドも、世界中のギタリストから高く評価されるものとなっていた。

Twitterでは、突然の訃報に世界中に悲しみが広がる

It is a sad day in rock and roll. Malcolm Young was my friend and the heart and soul of AC/DC. I had some of the… twitter.com/i/web/status/9…

1 2