1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

寒い季節が到来…今年オープンの『温泉施設』に行ってみたい!

本格的に冬が始まると恋しくなってくるのが「温泉」。春以降、多くの注目の温泉施設が開業したりリニューアルオープンしていますが、寒くなって来るといよいよ行ってみたい気持ちが高まります。

更新日: 2017年11月20日

233 お気に入り 102826 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

futoshi111さん

◆天然温泉×カフェ が楽しすぎる「花湯スパリゾート」

露天風呂や岩盤浴が楽しめて、食事やお茶が楽しめるカフェが併設した日帰り温泉施設です。回遊式露天風呂に加えて、8種類の岩盤浴もあり、湯めぐりからデトックスまで満喫できます

地下1500メートルから湧き出る天然温泉を引き込んだ約600坪の回遊式露天風呂を備える。関東最大級の「温活カフェ」として、富士溶岩洞やヒマラヤ岩塩洞、薬宝洞、七宝洞、熱波ロウリュを行う灼熱(しゃくねつ)洞のほか低温NEST洞、岩盤転座房など8種類の岩盤浴を用意し、さまざまな薬石の効能で岩盤浴を体感できる

こっそり増やしましたシリーズ第2弾 フロント前にソファとサイドテーブルです! そして今日はかなり空いてるのでのんびりできますよ☺紅葉もきれいです。 #花湯スパリゾート #紅葉 pic.twitter.com/g2mJXv7ohX

2件目は、花湯スパリゾートさんへ。 景観が凄い!露天広い!! 街の喧騒を忘れますね。 場所: 熊谷天然温泉 花湯スパリゾートinstagram.com/p/BbghmTqA4Mp/

花湯スパリゾート 最高だった( ´ ω ` ) 全然写真撮れなかったけど 露天風呂で紅葉は素敵すぎた

熊谷市にある花湯スパリゾートに行きたくて仕方ない。hanayuspa.jp

◆赤湯温泉の老舗旅館が生まれ変わってオープン

山形県南陽市赤湯温泉にある老舗温泉旅館「いきかえりの宿瀧波」が、今年10月、「山形座 瀧波」と名前も新たにリニューアルし、グランドオープン

赤湯温泉をもっと自由に楽しんでもらいたいとの思いから、大浴場はコンパクトに抑え、各客室に源泉掛け流しの露天風呂を完備した。新たに「湯守(ゆもり)」というスタッフの役職を設け、日々変わる環境に気を配り、温度管理などには徹底的にこだわっているという

小野川温泉の若手(?)メンバーで山形座瀧波に見学に行ってきました。いや〜、マジで良い雰囲気だった。泊まりに行きたいし、泊まりに行ったほうが良いそんな旅館だった(^_^)素晴らしい旅館が山形にあるのは嬉しい(*´-`) pic.twitter.com/t4iltMVpsU

新しい瀧波。全室かけ流しの温泉付き。1階客室は蔵王石の巨石風呂。源泉を湯船の下から注いでいるので温泉パワーすごいです♪ ift.tt/2wyivmF pic.twitter.com/ZeWacPzhPU

赤湯温泉「瀧波」がリニューアル 山形の魅力凝縮、「ショールームのような空間に」(山形経済新聞) yamagata.keizai.biz/headline/397/ #みん経 #地域ニュース

◆絶景を楽しめる日帰り温泉「龍宮殿本館」

芦ノ湖畔蛸川温泉「龍宮殿」の本館がリニューアル。7月22日(土)、「絶景日帰り温泉 龍宮殿本館」としてオープンした。

龍宮殿本館は、1938年に建てられ、国の登録有形文化財にも登録されている歴史的な建築物。その歴史が刻まれた美しい建物と、芦ノ湖、箱根外輪山、世界遺産富士山の3つが同時に楽しめるのが魅力

箱根十七湯で最も新しい湯を使い、名前の通り、浴室からは芦ノ湖の絶景が目の前に広がる。露天風呂やサウナなども備える

1 2 3