1. まとめトップ

安室奈美恵が最も憧れたジャネット・ジャクソン

安室奈美恵が日本の歌姫に昇り詰める前、沖縄のアクターズスクールで、世界の女性のダンスミュージックに偉業を成し遂げた一人のアーティスト、ジャネット・ジャクソンのPVを視て衝撃を受ける。安室奈美恵にとって最も憧れ、目標にしてきたジャネットはマイケル・ジャクソンの妹だった。

更新日: 2017年11月19日

1 お気に入り 600 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mizuki36さん

*Wikipedia参照

ジャネット・ジャクソンのプロフィール参照
画像はAmazonより

マイケル・ジャクソンの妹ジャネット・ジャクソンとは?

ジャネット・ジャクソンは、1966年5月16日生まれ、アメリカのシンガーソングライターで女優、マイケル・ジャクソンの妹である。

7歳から演技の舞台に立ち、テレビドラマを中心に活動していた。実兄のジャクソンファイブやマイケル・ジャクソンの影響を受けて、16歳でミュージシャンとしてデビューするが、大きなヒットにはつながらなかった。

1986年、サードアルバム『コントロール』で、ポップスチャートとR&Bチャート1位を獲得。アルバム収録のうち5曲が連続してポップスチャート5位以内に入る。また、このアルバムの中の『あなたを想うとき~When I Think Of You』という楽曲が、初めてビルボードシングルチャート1位を獲得した。

ジャネットはそれまでに、ヒットしなかった曲をなかったことにしたいほど嫌がり、ベストアルバムには、一切収録していない。

その後、『リズムネイション』のビデオ・クリップは、兄マイケルの影響を強く受けたダンスは『今夜はビート・イット』『スリラー』を彷彿とさせるキレがあり完成度が高く歌唱力も良く、ジャネット自身のスタイルを確立し、世界的にも女性のダンスミュージックに多大な影響を音楽界に史上をおよぼした。

1990年、初来日公演では、東京ドームの最高観客動員数を記録。

安室奈美恵がデビュー前、沖縄のアクターズスクールに入って、初めてジャネット・ジャクソンのPVを視て衝撃を受け、最も憧れて目標にしてきたようだ。

日本では、安室奈美恵だけじゃなく、AI・Crystal key・小柳ゆきなどのアーティストが影響を受けたといわれている。

1