1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

男だって結婚に憧れる…結婚を夢見る男性を描いた漫画 5選

男だって幸せになりたい!「妻をめとらば」「結婚しようよ」「ハッピー ネガティブ マリッジ」「結婚星」「愛しのアイリーン」の5作品。

更新日: 2017年11月20日

3 お気に入り 1992 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

▼『妻をめとらば』柳沢きみお

大学を卒業後、大手証券会社に就職した主人公・高根沢八一は、最高の女性を見つけて結婚することを夢見て社会人人生をスタートさせる。

さまざまなタイプの女性と付き合うことになるが、その優柔不断な態度によってことごとく破局する。そんな迷走をしているうち、残業の多い不規則な生活によって身も心もボロボロになっていく。

@kojiji @iisanover40 柳沢きみおの「妻をめとらば」という漫画で主人公が独身のまま30歳になった瞬間、ベッドにくるまり「30になっちまったよーーーーーー」と絶望するシーンは未だに覚えている。

マンガ喫茶にて。柳沢きみおの『妻をめとらば』を読んでいます。重い。 pic.twitter.com/qxVHClRT

中学生の頃に「妻をめとらば」を読んだけど結婚が自分にとって切実な問題じゃなかったからサラッと読み流せたんだろうな。30過ぎて読んだらまた違った感想を抱きそう。

▼『結婚しようよ』星里もちる

雅寿と早苗は学生時代からの恋人同士。就職先も二人そろってハイテク産業の最大手、アゲハテクニカルである。つらい研修期間も終わり、いよいよ配属先の発表がされる前日、雅寿は早苗にプロポーズをする。

2人はお互いに愛し合ってはいたものの、早苗は結婚に疑問を抱いていた。折に触れ話し合う2人だったが逆に喧嘩は絶えず、プロポーズの日を境に溝は深まっていった。

星里もちるの『結婚しようよ』 何故だか改めて読みたくなって読破。 この久保田室長の台詞がグッと来た。 pic.twitter.com/Dho6LbN1Lm

@dicegeist はは、なんだか漫画「結婚しようよ(星里もちる)」を思い出しました。 「結婚がそんなに良いものですか?それで二人の結びつきが深くなるのですか?」と言うヒロインの問いに「深くなんてならない。結婚はつながりの一つに過ぎないからこそ、人はつながりを増やそうとする」

@kyanchiaki 星里もちるさんの「結婚しようよ」という漫画を読んで、男のロマンは女性の現実の前には歯が立たないと学びました。「男は働くのに妻の許しをえないのに、なんで女は働くのに許しをえないといけないの!?」的なセリフにグサッと。

『結婚しようよ』読んだ。星里もちるは本当によくできたラブコメマンガ描くなぁ。

▼『ハッピー ネガティブ マリッジ』甘詰留太

恋に臆病な30男・啓太郎は、工場の独身寮で暮らしている。ただし、独身寮にいられる期限は31才まで……。タイムリミット目前、お見合いで知り合った秋緒さんに恋をして……?

恋愛経験ゼロの男が、お見合いをきっかけに恋愛と向き合う様子を描いたラブストーリー。

男性側から結婚の焦り描いたマンガあんまりない気がする。甘詰留太「ハッピーネガティブマリッジ」くらいなもんかな。

あとハッピーネガティブマリッジすっげぇよかった 結婚願望でた まず彼女できねぇけど

「ハッピーネガティブマリッジ」3巻読了。悲しい恋愛は、読んでてなんか胸を抉る。三十路独身だと尚更抉られる… pic.twitter.com/SjrVSLO1

おい。甘詰留太さんのハッピーネガティブマリッジ読んだら、オラ・・・結婚したくなって、死にたくなったぞ・・・どうしてくれるんですか・・・

▼『結婚星』山本康人

星宇宙(ほし・うちゅう)・29歳。週刊誌の編集者をしている。1年前、僕の花嫁は「あなたが牡牛座だから、結婚できません」という言葉を残して、姿を消した。その傷を抱えながらも僕は、「史上最高の結婚」を夢見て生きている。

私が唯一所有している、生涯で一番好きな漫画『結婚星』(全三巻)この作者が描く本作に登場する女性陣は、皆、非常に強力な狂気を秘めた個性的な性格の反面、見た目は儚げな美しさを持っているという、個人的に胸キュン、脳髄ピンズドな珠玉の作品… twitter.com/i/web/status/8…

山本康人さんのマンガ「結婚星」全3巻を買って最初から最後まで読んだ次の日にまた最初から最後まで読んだ。なんか好きだ。自分に合っている。男から言われても作者さんは嬉しくないとは思いますが。

▼『愛しのアイリーン』新井英樹

1 2