1. まとめトップ

【女子力アップ】綺麗な歯だと美人に見えちゃう♡歯を白く保つ超簡単な4つのポイント

歯って普段は隠れてるから一見きれいになるためには関係なさそうに思えますよね。でも、実はそうじゃないみたいなんです!!歯をきれいにすると、肌まできれいに見えるらしいんです!!

更新日: 2017年11月22日

3 お気に入り 2934 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zupzupさん

美人、美男の基準は「綺麗な歯」でした。

街中で調査した

初対面の異性で一番見るところ?は

という質問で上位にあがったのが、なんと

「歯」でした。



その理由としては、歯が綺麗だと
•清潔感がある
•明るい印象に感じる
•笑顔が素敵
•好印象がもてる

逆に歯が黄ばんで汚いと
•不潔
•キスしたくない
•歯を磨いていなそう
•顔が整っていても歯が汚いと幻滅
•息が臭そう

歯が黄色いだけで老けて見える!顔の印象まで左右する歯

歯の黄ばみは一般的に年齢とともに進むと言われていますが、歯が黄色いだけでも老けた印象に見えるんですよ。おばあちゃんやおじいちゃんの歯を思い浮かべてみてください。黄色で歯茎も痩せていて黒ずんでいるような印象はありませんか?

逆にまだ小さい子供の歯は真っ白で歯茎もピンク。若々しさが伝わってきます。クマやシワ、しみや全体的なくすみによっても顔全体の印象は左右されますが、笑った時にちらっと見える歯によっても、実は大分左右されているのです。

歯を白く保つ超簡単な4つのポイント

1、水をよく飲む

こまめに水を飲むことで口の中を潤わせておくと、多少の飲食物では歯に色が付きにくくなる効果があります。

2、唾液を出す

常に口の中が潤った状態でいれば、歯に着色汚れが付きにくくなります。

唾液の分泌をスムーズにすることで歯に着色汚れが付きにくくなるうえ、口臭の予防にもなります。

食事をよく噛む、梅干しやレモンなどの酸っぱい食品を積極的に摂るなどして、唾液を分泌しましょう。

また、気づかないうちに口が開いていることがある人や、口呼吸が習慣になっている人も口の中が乾きやすい状態です。

鼻呼吸に切り替えることで、口の中が乾きにくくなるだけでなく、呼吸が深くなったり、血行が良くなるなどのうれしい効果も。

3、歯ブラシは乾いた状態で

濡れた状態の歯ブラシに歯磨き粉をつけると、水分で歯磨き粉が薄まりやすく、研磨力が落ちてしまいます。乾いた歯ブラシ+歯磨き粉のほうが、同じ磨き方でも断然、白くつややかな磨きあがりです。

4、磨きすぎにも注意

歯の表面を削りすぎてしまったり、歯の表面に細かい傷がたくさんついてしまい、そこに飲食物の色素がついて歯の色がくすんでしまう場合もあります。

薬剤によるホワイトニングと違って、洗浄力の高い歯磨き粉だけでは、生まれつきの歯の白さ以上に白い歯にはなりません。

電動歯ブラシでの磨きすぎにも気を配りたいポイントです。

歯科でのホワイトニングは少しハードルが高く感じる人も、ホームケアやちょっとした心がけで歯を白く保つことは可能です! 自信を持って笑顔になれる白い歯、大切にしたいですね。

1