1. まとめトップ
  2. デザイン・アート

11月22日は『ボタンの日』。ルーシー・リーのボタンが素敵で欲しくなります♪

つけなくとも一つは是非欲しいルーシー・リーの世界観が詰まったとうき陶器のボタンたち

更新日: 2017年11月22日

6 お気に入り 1819 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jetwskyさん

■『ルーシー・リーのボタン』■

ルーシー・リー(Dame Lucie Rie、1902年3月16日 - 1995年4月1日)は、20世紀後期のイギリスを拠点に活動した、オーストリアはウィーン出身の陶芸家。

デザイナー三宅一生は、600を越える陶器のボタンとその鋳型を大切に持っている。イギリスを代表する陶芸家ルーシー・リーから遺言によって贈られたものだ。

1940年代初め、ルーシー・リーはアクセサリーやボタンを作るビミニ工房を主宰していたフリッツ・ランプルに勧められて陶器でボタン作りをしていたのです。

ルーシー・リー展@千葉市美 上品。静謐。 白釉がすてき〜 陶器のボタンすてき〜 ブロンズ釉って初めて知った。 pic.twitter.com/yE2GvyOyo5

勝負所で服に縫い付けるかな

ルーシー・リーをお見せしよう。 ボタンだけどさ 笑。 勝負所で服に縫い付けるかな。 pic.twitter.com/D7hiBn4A9X

1940年代のルーシー リーの陶ボタン

阪急うめだ本店で開催の英国フェア2017は、いよいよ今週水曜日からはじまります! 今回のラインナップは、1940年代のルーシー リーの陶ボタン、ビミニ社のガラスボタン(バックマーク入り。すべて新着です。)が、ルーシーリー展のボ…… twitter.com/i/web/status/9…

素晴らしい。

図録のボタンを眺めていたら・・・

今日はルーシー・リーの図録のボタンを眺めていたら、いただいた泥メンコがあったのを思いだしたんだ。 こまくて、めんこいものたち。 泥メンコ、今でも作っているところ、あるのかなあ。 pic.twitter.com/sfm03TQZv8

かけても金継ぎをしてお洒落に♪

金継ぎ漆継ぎ教室@自宅。生徒さんが持ってきたルーシー・リーのボタン。欠けを埋めれば良いかと思いきや、その横部分は接着剤で付けた跡が有りました。取ってから直すか?取れるかな〜。直した後は帯留めにするそうです。完成が楽しみですね。

1940年製

【予告】 2017年10月10日(水)〜17日(火)に 阪急うめだ本店9階催場で開催の英国フェア2017に出店いたします。女流陶芸家ルーシーリーの陶ボタン、制作に携わっていたロンドン bimini社のガラスボタンを中心に美しい英…… twitter.com/i/web/status/9…

1 2