1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

使いたくなる魅力。キャンプフィールドに持って行きたいアイテム❼選

使いたいからフィールドに出たくなるアイテム♪もちろんインドアだって大活躍です!

更新日: 2017年11月22日

33 お気に入り 16108 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jetwskyさん

■『Doiy カッティングボード』■

スペインの雑貨ブランドDOIYのチーズボードです。名前の通り、チーズや食材を視覚的に楽しめるようデザインされています。

アカシアウッドのまな板に
丸く型抜きをされた可愛らしい
チーズナイフがすっきりと収まっています。

本体にマグネットが埋め込まれているので、
持ち上げてもナイフが落ちないように
なっているので、安心!!!

木製ならではのナチュラルな雰囲気で、前菜やおつまみを盛り付けて、ホームパーティの時はもちろん、普段のお食事の時間にも。

■『T.S.L CUBの木製カトラリー』■

THE SUPERIOR LABOR(シュペリオールレイバー)は、1900年代初頭のブルーカラー=労働者階級をイメージした物作りをしています。 少数の職人によるハンドメイドにこだわり、キャンバス、レザー、真鍮などの素朴で無骨な素材を使用したバッグを中心に小物からアパレルまで、長く使えるもの、丈夫で無駄のないプロダクツを展開しているMADE IN JAPAN ブランドです。

THE SUPERIOR LABOR で培った、 技術と山暮らしの経験をキャンピングギアに落とし込んだTHE SUPERIOR LABOR の弟分(CUB)ブランド。

岡山県のまん中、吉備中央町の山の中にある小さな会社nap、inc(通称ナップ・ビレッジ)で少数の職人によって製作しています。

■『JETBOIL』■

独創的なデザインにより、わずかな燃料で素早く湯沸かしや調理のできるアウトドアクッカーを考案したパイオニア・ブランド。クッカーとバーナーを一体収納型にし、大幅なコンパクト性も実現。発売以来、アウトドアでの調理スタイルを一変させ、今なお斬新で機能的なイノベーションを発信し続けています。

無骨で重いアウトドア調理器具にうんざりしてたアメリカのドワイト・アスピンウォールとペリー・ドウストの2人が、“もっと手軽なアウトドア用調理器具を”と開発に着手したのが始まりです。

最近は山のどこでも目にするようになったジェットボイル。特に単独行の強い味方です。小さい・軽い・熱を逃がさずに高速で水を沸騰できるの三拍子そろっています。

■『村上鋳造所のダッチオーブン』■

ニッポンの鉄職人が作る「一生モノ」の鋳鉄なべ

当社は受注生産のハンドメイド鋳物屋です。ご注文後、全て手作りで製作いたします。

なにしろ発想が独創的だ。いま出まわっているものと同じものを作っても意味がない。どうせなら、限定モデルでもなく、「オンリーワン」を作りたいということで、個別受注をスタートした。

1 2