1. まとめトップ

【ダイエット】痩せるための8つのこと。

ダイエットしたいけど続かない。そんな方の簡単にできる方法まとめてみました♪

更新日: 2017年12月08日

3 お気に入り 15355 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

zupzupさん

目標を決める!

ダイエットを成功させるためには、「痩せたい」という気持ちだけでは足りません。

「いつまでに何キロ痩せるのか」という目標を、ハッキリ数値化しておくことが大事です。それはもちろん、無理のない数値である必要があります。自分で、健康的に無茶をせず達成できるという数字を決めましょう。

体重を図る

できるだけ毎日同じ時間に体重を計るようにしましょう。例えば朝食を食べる前に、朝起きてトイレに行ってからすぐに、といったようにいつも行う行動の後、生活習慣のひとつとして取り入れる方法がよいでしょう。朝と夜の2回、同じ生活習慣のタイミングで計るようにしてください。

食べる時間を気を付ける

・昼の3時に食べたものは、もっとも脂肪になりづらい

・夜の10時から夜中の2時に食べたものは、もっとも脂肪になりやすい

野菜から食べる

お腹が空いていると、まず主食やメインのおかずに手を出してしまいがちです。でも、空腹時にいきなりカロリーの高いものを摂取すると太りやすくなっていまいます。

まず初めに野菜類から食べ始め、汁物、副菜を食べてからご飯とメインのおかずに手を付けるようにしましょう。

よく噛んで食べる

噛む回数を増やすと唾液の分泌が良くなります。すると、唾液の消化酵素(アミラーゼ)が食べ物を「糖」に分解します。糖分は血液に吸収されるので、血糖値が上昇し、今までよりも早く(正常に)満腹中枢が刺激されます。そうすると「お腹いっぱい」と感じて、自然にカロリーを押さえることができるんですね。また、「噛む」という動さだけでも痩せるそうですよ。

主食はご飯

太りやすいパンやパスタではなく、すべての食事の主食はご飯に限定します。玄米や雑穀米を取り入れて、よりヘルシーな食事をすることもポイントです。

食べ過ぎを防ぐために、できるだけお粥や雑炊にして食べるとベターです。3食をお粥にすれば、満腹感はそのままお米の量を半分にすることができます。

そうすれば、それだけで1日に400~500kcal程度を減らすことができます。

おやつが食べたい人は食事回数を増やす。

もし毎日の間食がやめられないのなら、1日5食でダイエットを進めましょう。

1日の摂取カロリーを5回分に振り分け、間食も1回としてカウントします。1日に食べ物を口に運ぶのはこの5回のみ。ついつい手を伸ばしてお菓子を食べてしまう、というような無意識のカロリー摂取を防ぎます。

友達や家族と一緒に♪

ダイエットを成功させるには、友だちや家族と一緒に始めてみるのがいいでしょう。

近況を話し合ったり成果を報告しあったりと、励まし合いながら楽しんでダイエットを継続させることができます。

♡関連まとめ♡

1