1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

こんな子に好かれたら…『猟奇的な美少女の愛』が怖い漫画5選

先日、放送され話題の「ハッピーシュガーライフ」。猟奇的な美少女のサイコホラー漫画は他にもあり、おすすめの作品を紹介します。「火傷少女」「危ノーマル系女子」「異常者の愛」「ブラック彼女」「被愛妄想」の5作品です。

更新日: 2018年07月16日

40 お気に入り 22701 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

1話が放送され、反響を呼んだアニメ『ハッピーシュガーライフ』

BS-TBSにて1st Life「砂糖少女は愛を食む」をご覧頂いた皆様、ありがとうございました!AT-Xは7月18日(水)24:00~放送開始!Amazon Prime Videoでも配信中です!来週の2nd Lifeも楽しみにしてくださいね。 #ハピシュガアニメ #ハッピーシュガーライフ pic.twitter.com/nO83LGpsOT

この夏、一番の「愛」の物語。TVアニメ『 ハッピーシュガーライフ 』が2018年7月13日より、放送開始しました!

本作は主人公・松坂さとうと神戸しおによる女の子同士のラブストーリーを描く一方、誘拐や監禁、脅迫、殺人といったシーンも描かれるなど、猟奇的なストーリーも展開。

そのかわいらしいビジュアルとのギャップに大きな反響を呼んでいる、戦慄の純愛サイコホラー。

「ハッピーシュガーライフ」1話見た 何か初めの方は百合百合しいアニメだな~と思っていたけど…… 何か後半になるにつれて何か闇が深そうな感じがしてきたんだが…… それにこれ誰か殺してるよね 闇が深そうで見終わった後狂気を感じてちょっと怖かったかも…… #ハッピーシュガーライフ pic.twitter.com/RbyxIUy1oK

ハピシュガ1話 pv見て気になってたアニメの一つ 最初はまぁ萌えアニメやと思うやん?そしたらロリな子と結婚でん?ってなんじゃん? そしたらまさかの鬱アニメで草 でも割と2話が楽しみw店長を潰すとこ見ててスカってするw #ハピシュガアニメ pic.twitter.com/biPk35ApbE

「ハッピーシュガーライフ」が楽しめた人に勧めたい漫画5作品

▼『火傷少女』里見有‎ 貫徹

死に魅了された女子高生シイナと同級生のカナメは、一緒に最高の死を迎えることを誓い、恋人同士になった。だが、カナメは彼女に惹かれつつも、どこか考えについていけない部分を感じていた。

狂気100%の彼女と無感情な僕の戻れない恋路を描く、恋愛ホラーコミックス。

火傷少女って漫画が家にあったから読んでみたらなんだあの歪んだ狂気。素晴らしい。めちゃくちゃゾクゾクします。

原作・貫徹先生、作画・里見有先生による「火傷少女」1巻おもしろかったです! 生半可な狂気ではない、ぶっちぎりのシイナちゃんに魅せられます。普段の明るさがポップな感じに描かれてる分、ぞくりとする表情にやられる‼気持ちが高まってシイナちゃん描いてしまった。 pic.twitter.com/SXuKQVaTLF

「火傷少女」3巻では新キャラが出てきます。 カエデ含むいろんなキャラが家庭事情がちょっとだけ明らかになります。 ぜひ手にとってみてください pic.twitter.com/YtplqFFhMY

▼『危ノーマル系女子』真田ジューイチ

冷めた性格の少年・秕シンヤと、彼の周りにいる7人の個性的な女たちの狂気と恋愛に満ちた生活を描いた漫画作品。

シンヤは理解できないながらも、一歩間違えば命を落としかねない環境の中でうまく女の子たちとのコミュニケーションをさばいています。

むっつめ 危ノーマル系女子 アブノーマルな女の子たちに好かれるシンヤくん。 なかなかシリアスな作品。 個人的に二巻が一番面白い。 絵も世界観にマッチしていて、オススメ #ふぁぼされた数だけ普段は呟かない好きな作品 pic.twitter.com/B02an4gp82

危ノーマル系女子 とにかく危ねぇ女達の巣窟 どこを見ても狂気。主人公が鋼どころかダイヤモンドのメンタルすぎてやばい

危ノーマル系女子 現在3巻発売中 主人公は危なげで普通ではない女子に振り回される男子、椎名シンヤ ストーカー、殺人鬼、吸血鬼etc... かなり危ない女子達だが、危ないのは彼女達だけではなく… 主人公の過去には何が!? 妹を狙う影!? ブラックな作風が堪らない! pic.twitter.com/mP1qKxy9b3

▼『異常者の愛』千田大輔

自らの愛が報われなかったとき、”怪物”はどのように人を追い詰めるのか。 異常者の牙と爪は、誰に向けられるのか。 その凄まじい愛憎から、身を守る術はあるのか――。

常識も、言葉も、何もかもが通じない。“ソレ”に愛されてしまったことが、彼の不幸のすべてだった──。

1 2