1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kokko33さん

▼安倍首相は同性カップル・同性婚に否定的な姿勢

第97代内閣総理大臣安倍晋三は、2015年(平成27年)2月18日の参議院本会議において、「現行憲法の下では、同性カップルの婚姻の成立を認めることは想定されていない」と述べている。また、同年4月1日の参議院予算委員会でも、同性婚について「憲法で結婚については『両性の合意』ということになっている。慎重に議論していくべき課題だ」と述べた

???

⇒軍事に関しては憲法解釈をガンガン拡大するのに・・・

いつも自分勝手な「憲法解釈」

⇒なぜか同性カップルや同性婚には否定的

▼そもそも憲法改正など必要ない(憲法学者)

憲法24条の趣旨は、個人の尊重と男女の平等とされています。これは結婚において、女性の意思を無視して嫁がせたり本人たちの意向そっちのけで親や親族会が口出ししていた時代の反省ですね。同性婚の禁止が目的……とはどう転んでも読めません。

▼マツコ・デラックスも安倍首相に嫌悪感

なぜ、自民党は同性カップルに反対しているの?

▼自民党と関係が深い統一教会が同性婚に反対

統一教会は祝福による男女の結婚・家族形成による救いを主張しているので、それに反する同性愛は「創造の原理に反する不自然な関係」であるとして否定・批判している

同性パートナーシップ制度の条例案が提出された渋谷区で、これに反対するチラシがポスティングされています。

このチラシでは渋谷区の同条例案が伝統的な家族制度に混乱をもたらし、言論の自由を侵害し、学校教育や子供の躾にも悪影響を及ぼす、さらにはエイズが蔓延するなどとされています。

▼統一教会の関連団体がチラシをポスティング

青少年の性倫理崩壊の風潮は、社会問題化し、これらの原因とされる家庭崩壊や教育における指導理念欠如社会環境の俗悪化などを解決する運動の必要性を訴えているようですが実は、統一協会の関連組織なのです。

安倍首相が同性婚に反対するチラシを渋谷区でポスティングしていた統一教会に対し、官房長官時代に同会の催しに祝電を送り、首相になった後も機関紙の表紙を飾るなど深い関係にある

安倍首相と統一教会の関係はしばしば指摘されてきた

1 2 3 4