1. まとめトップ

怖すぎる・・・2018年の予言まとめ【随時更新】

2018年は禁断の予言書と呼ばれている『死海文書』の中で2人の救世主が現れる年です。また、富士山噴火予言、巨大地震予言もあります。

更新日: 2017年11月24日

4 お気に入り 29277 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

●死海文書が意味するものとは...?

来月2017年5月14日は、イスラエルが1948年に再建されてから69周年。

来年の2018年は、イスラエル再建から70周年の大きな節目を迎えます。

そんな中で、今大きく話題となっているのが「死海文書」であり、イスラエル建国の前年の1947年に死海の畔の洞窟で見つかった羊皮紙に書かれた予言書には、2018年に1つの時代の終焉を迎えることが書かれているようです。

中東では現在も紛争解決のメドがたっていませんが、その行く末をこの死海文書に予言されているのです。
しかもその内容は現在の紛争だけでは終わりません。

イスラエルの建国された1948年。
建国されてからずっと混沌とした時代が続き、70年経った2018年。
悪しき者には破壊という天罰が下り、善の心を持つ者には救いの光を浴びるというもの。
つまり長年続いている中東の紛争に救世主が現れて解決されるということですね。

その救世主は2人。
「アロンの救世主」と「イスラエルの救世主」と呼ばれています。
アロンは旧約聖書によるとイスラエルの人々をエジプトへ脱出させた功績として祭司になった人物。
なのでアロンの救世主は職業が僧侶の人なのでしょう。

●第三次世界大戦

「2つの大国の間で戦争が勃発し、27年続くだろう。彗星の出現とともに恐ろしい暴力が振るわれるだろう」

 ノストラダムスによると、2017年と2018年が人類にとって重要な年になるという。“彗星”という言葉から察せられるように、戦争の勃発は夜だとする解釈もあるようだ。ISISや北朝鮮の脅威が騒がれる昨今、ノストラダムスが別の箇所で予言しているアンチキリストの出現とも一致している。

●北朝鮮の崩壊

2017年末か2018年1月、北朝鮮の金正恩体制は国内のクーデターで崩壊する。経済制裁はまったく効果なく、米国は北朝鮮の鉄道を爆撃で破壊するだろう。そして、金正恩は中国に亡命する。

●富士山噴火

2018年には富士山の形が変わってしまいます。
私は以前には東海大地震の影響で富士山の形が変わるだろうと
思っていましたが、理由はわかりませんが、東海大地震は富士山
には影響しないようです。
米国ワシントン州のセント・ヘレンズ山が爆発した時と同じよう
な感じで、2018年に起きる富士山の変化が起き、大気に悪影響を
及ぼします。

●東海地震

2018年12月9日の日曜日夕方に東海沖を震源とする大地震が起きる。マグネチュードは8.5。

2日前に余震があり、当日の午前中にも余震がある。そして12月9日の夕方に本震が発生する。

静岡県や三重県が被害が一番大きく、首都圏もそれなりに被害を受ける。

新幹線はすぐに復旧するが、東名高速や東海道線はしばらく不通となる。浜岡原発は無事。

死傷者数千人出るものの東日本大震災は超えない。

1