1. まとめトップ
  2. おでかけ・グルメ

『MRJミュージアム』もオープン!飛行機を展示する「博物館」6選

2017年11月30日に愛知県に「MRJミュージアム」と「あいち航空ミュージアム」がオープン。飛行機を展示した博物館などの施設は全国にあるが、その中から6か所をセレクト。青森「三沢航空科学館」、千葉「航空科学博物館」、埼玉「所沢航空発祥記念館」、静岡「航空自衛隊 浜松広報館エアーパーク」。

更新日: 2017年12月03日

28 お気に入り 12118 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

青森

◆『青森県立三沢航空科学館』

開館時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)、12月30日~翌年1月1日
入場料:大人510円、高校生300円、中学以下無料

「大空」と「飛翔」をテーマに、未来を担う子どもたちが楽しみながら、科学する心、感動する心、挑戦する心を育む施設として青森県により建設されました。

各納庫風の空間に、世界初の太平洋無着陸横断飛行を成し遂げた、ミス・ビードル号の復元機を展示。約800機に及ぶ模型飛行機をエアコリドーギャラリーに年代別に展示。

最新ソフトによるリアルバリエーション豊かな体験が出来るフライトシュミレーターを設置。

屋内外には自衛隊や米軍の戦闘機、YS-11といった航空機の実機やレプリカなどが20機ほど展示。

広大な芝生広場にも自由に操縦席に座れる飛行機が多数。

三沢航空科学館 唯一模型でなく日本で現存する一式双発高等練習機 pic.twitter.com/tvM39Brc7x

この前訪れた三沢航空科学館 1000機以上もの模型が ショーケースに並べられている光景は 航空機マニアでない人をも 圧巻させます。このアメリカのステルス機、こんなのが本当にあるのかな……? では、おやすみなさい pic.twitter.com/mn39Y5qMBJ

@morikana 三沢航空科学館科学館は科学を体感できる施設もありますし、子供連れでもたっぷり楽しめる場所ですよ。 一通り見回るだけでも半日がすぎてしまう大きな施設でした。

千葉

◆『航空科学博物館』

出典deece.jp

開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日(祝日の場合はその翌日)、12月29日~31日(※元旦は朝5時開館)、8月中(夏休み)は毎日開館
入場料:大人500円、中高生300円、4歳以上200円

成田空港の近くにある航空の博物館。航空の歴史をはじめ、飛行機に関する展示があり、楽しく見学、体験することが出来ます。展望室からは空港に離着陸する航空機の迫力ある姿が眺められます!

日本初の航空専門博物館として1989年にオープン。YS-11試作1号機をはじめとする実機展示の他、館内ではボーイング747ジャンボの操縦体験やDC-8シミュレーターでの飛行体験ができます(一部有料)。

航空科学博物館が他のミュージアムと違う大きなポイントのひとつが、「実物が展示されている」ということ。今ではあまり見かけなくなったジャンボ機の機体も、“輪切り”になって展示されている。

空港を離着陸する飛行機の解説が行なわれている。博物館の解説というとゆったりした様子を想像するが、1日に600回以上の離着陸がある滑走路の解説はそんなイメージとは異なる疾走感で進む。双眼鏡片手に解説員が次々と話していく姿はいわば“空港ライブ実況”と呼べるようなハイテンション。

ガイドをしてくれるインストラクターさんは、元パイロットや元整備士など飛行機に携わった経験を持つ方ばかり。

航空科学博物館に行ってきました、リピーターが多いのに納得!ここはお勧めです、博物館に有りがちな退屈な内容とは違います。展望デッキからの眺めは、空港より迫力ありますよ! pic.twitter.com/rsiR02obdz

航空科学博物館、入館料500円で一日楽しめるし有料オプションつけてもガイド500円、フライトシミュレーター100円と破格。ボーイング747の操縦は無料! 5階では飛行機の離着陸実況もあるし、ガイドのおじさんは博識だし、屋外展示もた… twitter.com/i/web/status/8…

@roudokuya_dajai 成田空港近くの航空科学博物館では、年2回ジャンク市と称して航空会社や空港の払い下げ品をマニア向けに販売しますが、ファーストクラスの中古食器セットもほぼ毎回並びます 次回は来年春かと なかなかいいものが出ますのでよろしければ

埼玉

◆『所沢航空発祥記念館』

出典toyota.jp

開館時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館日:毎週月曜日(祝日と重なる日は翌平日)、年末年始(12月29日~1月1日)、※12月の第3火曜日は臨時休館日。
入場料:大人510円、小・中学生100円

日本の航空発祥の地“所沢”に創設された所沢航空発祥記念館は、航空機の原理や航空技術、歴史などを迫力ある多数の実機や映像などを交えて、楽しみながら理解できる複合型の航空記念館です。

展示はすべて撮影可能。中でもシャッター音が鳴りやまないのは、インフォメーションカウンターのすぐ隣にある、巨大展示ホール。「駐機場」をイメージしたこの空間には、つるされているものも含めると、合計12機の航空機が展示されています。その光景は迫力満点!

1 2 3